体外転写テンプレート市場、2021年~2027年は約20%のCAGRで成長予測

体外転写テンプレート市場は、2021年から2027年の予測期間において、約20%のCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

同市場が生み出す収益は、2021年に約2,184億米ドル、2027年には約6,543億米ドルに達すると予測されています。体外転写テンプレートには、プロモーター、リボヌクレオチド三リン酸、DTTとマグネシウムイオンからなる緩衝液、適切なファージRNAポリメラーゼを含む純粋な線状DNAテンプレートが必要です。転写反応の正確な設定は、特定の用途に必要なRNAの量によって決定されます。

このようにして合成されたRNA転写産物は、体外転写によって得られます。合成されたRNA転写物はさらに、スプライシング、RNAプロセッシング、細胞内輸送、ウイルス感染性、翻訳などの方法で、細胞内のRNAの機能性を分析するために使用されます。創薬、診断、慢性疾患や遺伝性疾患などの疾患の治療などの用途で使用されています。

癌や遺伝性疾患などの慢性疾患の蔓延が、市場の成長を促進しています。これらの疾患の早期診断や効果的な治療法・治療薬の需要が急増しています。製薬会社は、がんや遺伝性疾患のためのRNAベースの診断薬の開発に注力しています。また、標的薬物送達や創薬における体外転写テンプレートの応用が拡大しています。バイオテクノロジーの水準とそれに対する投資のさらなる拡大も、市場の成長を後押ししています。

バイオテクノロジー開発のための民間および公的資金も増加しており、これは市場にとって有益であると見込まれます。手順に必要なコストと専門知識が高いため、市場の成長が阻害される可能性があります。R&Dへの投資の増加は、新たな成長機会をもたらすと予想されます。

北米では、癌やその他の遺伝性疾患などの慢性疾患が流行しています。これらの疾患に対する既存の診断法や治療法は、疾患に対する取り組みとしては不十分なものです。そのため、慢性疾患や遺伝性疾患に対するより効率的な早期診断や治療法に対する需要は、時間の経過とともに高まっています。したがって、創薬、精密医療、診断法における体外転写テンプレートの応用に道が開かれました。北米には、長年の経験を持つ研究者を中心とした高度な医療技術基盤があり、これが北米における体外転写用テンプレートの研究開発に大きく寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]