電子メール暗号化市場、2021年~2027年はCAGR20%で成長予測

電子メール暗号化の市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR20%で成長すると予測されています。2021年に40億米ドル以上だった市場は、2027年には130億米ドル近くまで成長する見込みです。

市場インサイト

電子メールの暗号化とは、内容を意図しない人や権限のない人に読まれないように保護するために、電子メールメッセージを暗号化することです。電子メールの暗号化には、認証が含まれることもあります。電子メールで機密情報を共有する際には、暗号化が必要です。送信された元のメッセージをスクランブルし、読み取り不可能な形式に変換します。電子メール暗号化ソリューションは、電子メールメッセージを暗号化するために公開鍵暗号方式とデジタル署名方式を使用します。このソリューションは標準的なアーキテクチャには従っておらず、ポリシーベースの暗号化を実施できるゲートウェイソフトウェアに依存しています。

電子メール暗号化ソフトウェアは通常、PGP(Pretty Good Privacy)、S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extension)、TLS(Transport Layer Security)といった3種類の暗号化形式を使用します。これらのソリューションは、自社で電子メールサービスをホストしている組織に最適です。電子メールの暗号化には、転送中の電子メールの暗号化とエンドツーエンドの電子メールの暗号化の2つの主要プロトコルが使用されています。COVID-19の発生は、世界中の企業だけでなく個人を含むあらゆる産業部門に大きな影響を与えました。

世界中でCOVID-19が発生した最初の数カ月間は、インターネットのエコシステムが重要な役割を果たしました。個人と組織は、電子メールの暗号化、電子メールセキュリティ、データ損失防止などのデジタル技術の使用に傾き、モバイル機器の使用とインターネットの普及が世界的に進みました。

電子メール詐欺の被害が増加し、電子メールサーバー上の機密データを保護することへの意識が高まりました。電子メール暗号化ソリューションにより、企業は電子メールデータを暗号化し、サイバー攻撃から自社のリソースを保護することができます。

ここ数年、企業は電子メールを使ったフィッシング詐欺やBEC詐欺などのサイバー攻撃を受け、大きな経済的損失を被っています。したがって、安全な通信に対する需要の高まりが、予測期間中に電子メール暗号化市場全体の技術革新を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]