スマートビーコン市場、2021~2027年はCAGR45%で成長予測

スマートビーコン市場は、2021~2027年の予測期間前後はCAGR45%で成長すると予測されています。2021年の60億米ドル超から、2027年には520億米ドル超に成長見込みです。

市場インサイト

ビーコンは低エネルギーのBluetooth技術を使用して、近くにある他のスマートデバイスに信号を送信する小型の無線送信機です。小売店などの物理的な空間に設置すると、低消費電力で自身の周囲に小さな無線信号をブロードキャストします。 これにより、消費者が店内を歩いたり商品に触れたりする際に、カスタムメイドの通知を受け取ることができます。このBluetooth技術を利用して、スマートフォンの位置を推定し、データや情報をやり取りすることで、スマートフォンと相互作用することができます。このマイクロロケーションシステムは、約15cmの距離から、約200フィート離れたモバイルデバイスの位置を特定することができます。Beaconの技術は、距離、近接性、通知の3つの主要な概念に基づいています。Smart Beaconを使用することで、消費者を惹きつけ、店舗での買い物の可能性を高めることができます。

デジタル化の進展、スマートデバイスの需要や利用の高まりは、予測期間中に市場の成長を促進する主な要因の一つです。成長はインターネットの普及率と世界的な顧客支出の増加により、加速すると予想されます。さらに、輸送・物流業界におけるスマートビーコンの需要は、次年度も引き続き拡大します。

知識や技術的な専門知識の不足は、市場成長の阻害要因となります。また、Bluetooth Low Energy技術の技術的な課題やセンシング能力の限界が、市場成長の阻害要因になると考えられます。小売、公共交通、物流、ホスピタリティなどのエンドユーザー業界の成長は、スマートビーコンに今後さらに成長する機会を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]