デジタルセキュリティコントロール市場、2021年~2027年にCAGR13%で成長予測

デジタルセキュリティコントロールの市場は、2021~2027年の予測期間前後の間にCAGR13%で成長すると予測されています。2021年に130億米ドル以上であった市場は、2027年には260億米ドル以上に成長する見込みです。

市場インサイト

デジタルセキュリティは、オンライン上のアイデンティティ、データ、およびその他の資産を保護するために採用されるリソースを表す用語です。これらのツールには、基本的にウェブサービス、ウイルス対策ソフトウェア、スマートフォンのSIMカード、生体認証、セキュリティ保護された個人用デバイスが含まれます。

デジタルセキュリティコントロールには、ユーザー名とパスワード、二要素認証、アンチウイルスソフトウェア、ファイアウォールなどが含まれます。デジタルセキュリティが最も重要なのは、ソーシャルメディアやオンラインベーカリーの利用を可能にし、個人情報の盗難や詐欺などのリスクから人々を保護するためです。デジタルセキュリティコントロールは、個人のデジタルIDや、デジタル化の世界で行われているその他の種類のインタラクションの保護とセキュリティを扱います。

デジタルセキュリティコントロール市場の成長は、インターネットセキュリティ市場の世界的な成長に大きく依存しています。デジタルセキュリティは、オンラインの世界でアイデンティティ、資産、技術を保護するために使用できるツールを含む包括的な用語です。個人情報を保護するために使用できるこれらのツールには、アンチウイルスソフトウェア、ウェブサービス、バイオメトリクス、毎日持ち歩く安全な個人用デバイスなどがあります。

コロナウイルスの大流行は、世界中の企業がオフィスやその他の施設の大規模な閉鎖にもかかわらず、事業を継続するためのさまざまな課題を生み出しました。世界はデジタルでつながり、脆弱になりました。デジタルインフラに課せられた要求は、開始段階で急増していました。セキュアエッジ、クラウドベースのデータ漏洩防止、脅威防御のコントロールは、組織の重要な資産を保護するのに役立ちます。世界中のビジネスが急速かつ予想外に広範囲に中断されたため、企業はセキュリティと事業継続性の維持に苦戦しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]