情報漏洩防止の市場、2021年~2027年はCAGR23%で成長予測

情報漏洩防止市場は、2021年から2027年の予測期間前後はCAGR23%で成長し、2021年の約20億米ドルから2027年には50億米ドル超になると予測されます。

市場の洞察

情報漏洩防止は、機密データの損失、誤用、不正アクセスを防止するために使用される一連のツールとプロセスです。情報漏洩防止は、企業ネットワーク上のデータストリームをフィルタリングし、クラウド上のデータを監視して、静止状態、移動中、および使用中のデータを保護します。

コンプライアンスや監査の要件を満たし、フォレンジックやインシデント対応のために弱点や異常のある領域を特定するためのレポートも提供します。情報漏洩防止は、個人情報保護/コンプライアンス、知的財産(IP)保護、データの可視化など、多くの組織に共通する3つの主要な目標を解決します。

DLP戦略には、組織内の情報の不正な流れを監視、検出、ブロックするソリューションが含まれていなければなりません。DLPがもたらす利点には、外部からの脅威に対する保護、内部からの脅威に対する保護、不慮のデータ損失に対する保護、法律や規制に対するコンプライアンスなどが挙げられます。

従来のDLPは主にハードウェアベースのソリューションであり、比較的高価であるため、市場成長の妨げとなる可能性があります。DLPは不適切に使用された場合、セキュリティのための生産性を阻害します。セキュリティ侵害の増加、盗難に対する知的財産の保護のための高い需要、オンプレミスからパブリックおよびプライベートクラウドプラットフォームへのデータストレージのシフトなどのクラウドコンピューティングの上昇採用により、市場成長を促進します。

世界各地での新たな商業化も成長の原動力です。クラウドベースのビジネスモデルの受け入れと持続的なサイバー攻撃は、予測期間中に情報漏洩防止市場の成長の機会を提供すると予想です。

地域別では、北米が世界の情報漏洩防止で最大のシェアを占めています。さまざまな業界でデータ漏洩の活動が活発化していることが、予測期間中のデータ漏洩防止ソリューションの需要を促進しているものと思われます。この地域の優位性は、クラウドやビッグデータ技術の採用が進んでいることに起因しています。しかし、アジア太平洋地域は、予測期間中、情報漏洩防止市場で最も高い成長率を示すと予測されています。この地域で発生したデータ損失事故がより多く公表されたことで、この技術に対する認知度が高まりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]