先進ドラッグデリバリーの市場、2021年~2027年はCAGR4.37%で成長予測

先進ドラッグデリバリーの市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR4.37%で成長すると予測されています。市場は2021年に2,340億米ドル規模となり、2027年には3,030億米ドルに達すると予測されています。

市場インサイト

先進ドラッグデリバリーは、様々な用途や治療目的のために薬物を提供するために使用されるプロセス、調剤、方法を示しています。高度なドラッグデリバリーは、より正確には薬の粒子を推定される場所に運ぶこととして知られています。神経や細胞内に、測定または修正された方法で薬物を送達するように作られています。これは、最も安全で効果の高い治療法です。先進ドラッグデリバリーは、革新的な技術を活用した薬物送達戦略に関連する薬物送達システムです。病気の治療に使用されるこれらのタイプの薬剤は、使用される技術に大きな影響を与える結果となります。市場は、より簡単で正確な投与がより頻繁に必要であり、全身薬物濃度の変動が減少します。

全人口における慢性疾患の発生率の増加は、市場を牽引する重要な要因の一つです。慢性疾患とは、一般的に1年以上持続し、継続的な治療を必要とする問題、日常生活が制限される問題、またはその両方を指すとされています。さらに、世界的な医療費の大幅な増加が、市場を後押ししています。医療費増加の主な要因は、高齢者を中心とした人口の増加、慢性疾患の増加、医療サービスの利用率の上昇です。

医療費の伸びは、健康に対する消費者の関心の高まりによってさらに大きくなっています。研究開発の活発化は、新薬の粒子を導入する機会を生み出します。しかし、薬剤の回収や薬剤の不具合が多発していることが、予測期間内の高度薬剤送達市場の成長を妨げると予想されます。さらに、厳しい政府の規則やFDAの承認が、予測期間内の市場成長を抑制すると思われます。

地域別では、北米が先進ドラッグデリバリーで最大の市場シェアを占めています。患者数の増加、研究開発活動への投資の増加、技術的に高度な研究センターの設立が、同地域におけるAdvanced Drug Delivery市場の成長に貢献すると考えられます。市場において、欧州は2番目に大きなシェアを占めています。同地域における市場の拡大は、主要企業による戦略的開発の高まりに起因すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]