無症候性がん治療市場、2021年~2027年はCAGR10%で成長予測

無症候性がん治療市場規模は、2021年から2027年の予測期間においてCAGR10%で成長し、2021年の730億米ドル近くから2027年には約1,280億米ドルに成長すると予測されています。

市場インサイト

がんは社会に大きな影響を与え、世界第2位の死因となっています。がんによる死亡の70%以上は、低・中所得国で発生しています。がん患者数が増加していることから、市場では新規治療薬の導入が進んでいます。無症候性がん治療は、後期段階で診断されるものを対象としています。無症状であるため診断が難しく、病気が進行するまで困難となります。無症候性がんには、卵巣がん、膵臓がん、前立腺がん、食道がん、肝臓がん、腎臓がんなどがあります。先進国における罹患率の低下は、高齢者人口の増加をもたらし、がんの主要な原因のひとつと考えられています。

がん患者数の増加は、市場を牽引すると期待されています。MR誘導放射線治療(MRgRT)システムは、目標達成に役立つ可能性のある最新の先端技術です。MRgRTは、機能的な画像を取得して反応を評価する機能を備えており、生物学的な情報に基づく適応的なワークフローを可能にする可能性があるためです。業界標準の解析精度と高いデータ整合性により、市場における主要な機会を明らかにし、企業が市場での確固たる地位を獲得することを支援します。高い治療費と、がんの治療に関わる医療制度と患者の両方に対するフォローアップケアの負担は、市場の成長を妨げると予想されます。治療にかかる薬剤費の増加が予測期間中の市場の足かせとなることが予想されます。

地域別では、北米が無症候性がん治療市場で最大のシェアを占めています。がんは、米国の一部で主要な原因の一つとなっています。この地域では、平均して4人に1人が、がんが原因で死亡しています。この地域における毎年の症例数の増加は、さらに市場拡大につながります。また、高度に発達した医療インフラの存在と治療技術の進歩が、この地域の市場環境のプラス成長をもたらすでしょう。

断率の低さと医療インフラの発展が、同地域における沈黙の癌治療薬市場の成長を促進すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]