家禽飼料の市場、2027年に2,620億米ドル規模へ到達見込み

家禽飼料の世界市場は、2021年の1,990億米ドルから2027年には2,620億米ドルに達し、2021年から2027年の予測期間においてCAGR5%で成長すると予測されます。

市場インサイト

家禽は肉、卵、そして収穫のための肥料で使用します。栄養価が高く、生産性も高いため、家禽飼料は非常に重要な分野となっています。肉や卵はタンパク質と水分が豊富で、脂質は5%です。若者の健康志向の高まりにより、タンパク質の利用が盛んになり、市場の成長を後押ししています。これが家禽用飼料市場の成長を支えています。高収益のため、市場は新興国における家禽事業の増加によって力を発揮しています。家禽肉の消費量の増加により、家禽部門は最も急速に成長している食肉部門です。増加する世界人口を養うために、家禽の生産性を高めることは非常に重要です。

家禽製品の需要の高まりは、市場を牽引する大きな力となっています。成長を後押しする主な要因は、高価値の動物性タンパク質に対する需要の増加、食肉製品の安全性に対する意識の高まり、工業生産の成長です。

家禽ベースの製品の利用は、低コストと赤身肉の代わりに白身肉を好む消費者のために、世界中で高い割合で上昇しています。

さらに、通常の食事におけるタンパク質摂取に対する意識の高まりも、家禽飼料市場の成長の主な要因となっています。しかし、不適切な飼料管理、貿易上の障害、未曾有の病気の発生、質の悪い衛生状態が、家禽飼料市場の拡大を抑制することになります。

北米の家禽飼料市場は、予測期間中に大きな成長を遂げることが予想されます。飼料原料や家禽飼料の生産を高めるための研究開発活動の増加が、しばしば市場成長の要因となっています。アジア太平洋地域は、予測期間中に高い成長率を示すと予測されています。アジア太平洋市場は、収益の面で世界の家禽飼料市場の中で重要な市場シェアを占めており、世界市場を支配する準備が整っています。インドと中国の家禽業界は、復興と再飼育を支援する政府の奨励策から恩恵を受けています。成長の増加は、その後、アジア地域の市場の成長につながっています。インドと中国の家禽用飼料メーカーは、家禽製品の生産性と品質を高めるために、プレバイオティクスとプロバイオティクスのサプリメントを飼料に配合することに注力しています。これは本質的に、アジア太平洋地域の飼料メーカーにとって機会を創出することになるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]