エンドウ豆澱粉市場、2027年に2億9,500万米ドル規模へ到達見込み

エンドウ豆澱粉の市場は、2021年の1億7,600万米ドルから2027年には2億9,500万米ドルに達し、2021年から2027年の予測期間においてCAGR9%で成長すると予測されます。

市場インサイト

エンドウ豆澱粉は、黄色いエンドウ豆から作られる非遺伝子組み換え・非アレルギー性の澱粉です。エンドウ豆から得られる基本成分であるエンドウ粉から加工されます。市場におけるエンドウ豆澱粉製品には、在来型エンドウ豆澱粉とカスタマイズされたエンドウ豆澱粉が含まれます。これらの製品(在来種および改良種)は、メーカーがさまざまな用途に使用しています。植物性製品の利点に対する健康意識の高まり、用途における有機製品の需要の高まり、パーソナルケア業界における植物性製品の需要の増加、およびグルテンフリー製品の需要の高まりが市場の成長を後押ししています。

しかし、原材料の価格変動、エンドウ豆に含まれる刺激物の存在、エンドウ豆の栽培に対する気候の悪影響、代替製品の入手可能性、エンドウ豆澱粉の栄養的利点に関する意識の欠如、生産コストの増加が市場の成長を抑制しています。

エンドウ豆の澱粉は繊維産業において布のサイジングに利用されています。簡単な脱サイズと様々な特性のために、接着剤組成物からの澱粉はサイズミックスの戦術中に必要性に応じてカスタマイズされています。澱粉は、トウモロコシ、小麦、片栗粉などの他の競合品と比較して安価であり、また綿やレーヨンと比較的類似した化学的特性を有しています。

近年、世界の繊維産業は、ウール、コットン、ジュート、シルクなどの豊富な原材料の供給を受けて成長を続けています。ピーチスターチは、製織後の仕上げやサイジング、製織前のラップサイジング、一部の布地のプリントなどに広く使用されています。家庭や商業施設でのドライクリーニングにも利用されています。

このように、繊維産業における豆澱粉の使用量の増加は、市場の成長を促進すると予測されます。したがって、エンドウ豆澱粉の生産量の減少は、市場の主要な抑制要因となる可能性があります。材料の供給内の変動は、メーカーが同一の機能的な利点のために他の代替品に変更する傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]