マンゴスチン市場、賞味期限の短さが成長抑制要因

マンゴスチンの市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

マンゴスチンは希少な果物であり、世界で最も人気のある果物の1つとされています。マンゴスチンは、学名をGarcinia mangostanaといい、インドネシアを原産地とする樹木です。現在では、タイ、フィリピン、マレーシア、スリランカ、インドなど東南アジアの多くの地域で栽培されているほか、アフリカの一部でも栽培されています。また、マンゴスチンは0℃でも枯れる浅黄色の果実なので、寒冷地の他の大陸ではなじみが薄いです。マンゴスチンには病気と闘うためのファイトケミカルや抗酸化物質が含まれています。人々はマンゴスチンを生食に最適なフルーツと考え、その独占的な性質から「神々のフルーツ」「フルーツの女王」と呼んでいます。天然素材市場が健全な成長を遂げていることから、マンゴスチン市場は今後数年のうちに繁栄すると予想されています。また、消費者は世界的にエキゾチックなフルーツを求めており、市場は今後数年間で成長すると予想されています。

マンゴスチンには、血圧や心拍数の調整、炎症の予防、消化の改善、ニキビやその他の皮膚病の治療、健康的な体重の維持、免疫システムの強化など、医療上のメリットがあります。医療業界ではマンゴスチン製品の需要が高まっており、マンゴスチン市場の成長を後押ししています。

さらに、栄養補助食品の分野では、ある研究が実施され天然成分の積極的な出力が確認されました。したがって、マンゴスチン市場からの大きな需要が期待できます。マンゴスチン製品の特性は、理想的な結果をもたらし、市場は短期間で成長する大きな可能性を秘めています。

しかし、マンゴスチンの賞味期限は短く、小売業者の多くは夜間に出荷する必要があります。賞味期限が短いため、エンドユーザーにとっては非常に高価な商品となり、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。

しかし、IoTの普及により、マンゴスチン製品は専門店やコンビニエンスストアよりもネット通販の方が多くなっています。また、スマートフォン利用者の増加により、画面をタッチするだけで商品を購入できる利便性が、マンゴスチン市場にとって大きなビジネスチャンスになると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]