複合飼料市場、2021年~2027年はCAGR4%で成長予測

複合飼料の市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR4%で成長すると予測されています。

市場動向

配合飼料とは、動物用飼料の栄養価を向上させるのに役立つ複合成分を豊富に含む飼料を指します。配合飼料は、品質と食糧供給の観点から畜産・養殖の生産を保護するのに有効です。複合飼料は家畜や家畜に十分な量の栄養素を供給します。特に発展途上国における動植物性製品の需要増加、市場の新しいトレンドへの注目の高まり、生産性向上のための先進的な都市型農業の適用拡大、発展途上国の高成長と革新技術の高い利用、業界の競争力向上などが、市場の成長をもたらす主要因となっています。

複合飼料市場の主な推進力は、食肉製品の需要の増加です。肉製品への需要が増加しているため、市場は成長する見込みです。世界的に動物性食品の使用が増加しているため、予測期間中の需要を促進すると予想されます。世界的な肉の消費量の増加に伴い、業界は永久に質の高い肉に対する大きな需要を満たそうとしています。乳製品への需要も、業界の拡大に寄与すると予測される要因のひとつです。厳しい政府の規則や規制は、市場の拡大を抑制します。畜産に関する政府の厳しい規則や規制は近い将来、世界中の産業にマイナスの影響を与えると予測されています。規制により業界ベンダーが制限されるため、飼料生産に支障をきたす恐れがあります。特にアジア諸国における品質管理、懸念、世界市場の成長を阻害する価格変動があります。

欧州の配合飼料市場は、予測期間中に大きな成長を遂げることが期待されています。原料や配合飼料の生産を高めるための研究開発活動が活発化していることが、現在の増加の原因となっていることが多いようです。アジア太平洋地域のコンパウンドフィード市場は、予測期間中に高い成長率を示すと予測されています。アジア太平洋市場は、収益の面で世界の複合飼料市場の中で重要な市場シェアを包含し、世界市場を支配する準備ができています。家畜生産の増加とともに、高度な飼料産業システムと機器のイベントは、この地域の複合飼料市場の成長を支援する主要な要因である可能性があります。先進国市場での新製品の発売は、プラスの成長をもたらすでしょう。しかし、アジア太平洋地域は予測期間中、世界の配合飼料市場の中でより高い成長率で成長すると予想されます。食材の数のイベントと健康な製品への需要の高まりが、この地域の市場を牽引すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]