自動車用電子制御ユニット(ECU)市場、2021年から2027年の予測期間において6.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用電子制御ユニットの世界市場は、2021年から2027年の予測期間において、6.5%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用電子制御ユニット(ECU)は、輸送車両の電気サブシステムを制御する組み込みシステムです。また、電子制御ユニットは、車両に搭載された多数のセンサーからデータを収集し、燃料噴射やスパークタイミングなどの様々な動作を強化するために使用されます。

市場の動向

自動車用電子制御ユニット市場の成長を促進する主な要因の一つは、ハイブリッド車などの技術的に高度な自動車の需要が増加していることです。また、消費者の間で燃料消費量の削減に対する意識が高まっていることも、予測期間における同市場の成長を後押しすると考えられます。しかし、システムの複雑化が市場の成長を妨げることが予想されます。また、各国の規制機関は、事故のリスクを低減するために、自動安全システムやアンチロック・ブレーキ・システムの車両への搭載を認可しています。さらに、ハイブリッド車や電気自動車の需要が増加し、ADAS機能へのニーズが高まっていることから、今後数年間、自動車用電子制御ユニット市場の主要企業に機会を提供することが予想されます。COVID-19パンデミックは、世界的に統合された自動車産業に深刻な影響を与えています。また、需要と供給に直接影響を与え、市場におけるサプライチェーンの混乱を引き起こしています。さらに、パンデミックは先進技術の開発を遅らせる可能性があります。これにより、世界的な需要の減少に対応している自動車部門に強いプレッシャーがかかり、世界の自動車用電子制御ユニット市場の成長にマイナスの影響を与えています。

地域別では、先進的な運転支援機能やアクティブセーフティ機能を搭載した自動運転車の生産に注目が集まっていることから、アジア太平洋地域が最大の地域になると予想されています。また、インドやベトナムなどの新興国や、消費者の可処分所得の増加が、アジア太平洋地域の成長を促進する要因となっています。一方、ドイツ、イギリス、スペインなどの国々では、多くの自動車メーカーやサプライヤーが存在するため、力強い市場成長を遂げています。

主要な市場区分

自動車用ECUの世界市場は、ECU容量、アプリケーション、車両などのセグメントに区分されています。ECU容量に基づいて、16ビットECU、32ビットECU、64ビットECUなどのサブマーケットがあります。また、アプリケーション別では、ADAS&セーフティシステム、ボディコントロール&コンフォートシステム、インフォテイメント&コミュニケーションシステム、パワートレインシステムなどのサブマーケットがあります。また、車両別では、乗用車、商用車などがあります。

市場の競合状況

自動車用ECUの世界市場における主要な企業としては、Pektron Group Limited、Magneti Marelli S.p.A、Hitachi Automotive Systems Ltd.、Lear Corporation、Panasonic Corporation、Hyundai Mobis Co. Ltd.、Delphi Automotive PLC、Robert Bosch GmbH、株式会社デンソー、Continental AGなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]