業務用空調システム市場、2021年から2027年の予測期間において堅調に成長見込み

市場の概要

世界の業務用空調システム市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

空調システムは、閉鎖的な環境で周囲の温度を維持するのに役立ちます。 空調システムには住宅用と業務用があります。住宅分野での採用が成功したことで、商業分野でも空調システムが広く採用されています。業務用空調システムは、機能が異なります。ホスピタリティ、ヘルスケア、ロジスティクス、商業オフィスなどでは、異なるセットや構成の空調システムが必要となります。業務用空調システム市場は、修理やメンテナンスなどの二次的な市場を伴っています。

市場の動向

商業インフラの成長が、市場の需要と成長を後押ししています。 新たに建設された商業ビル、ショッピングモール、ホテル、病院では、完全に機能する堅牢な空調システムが必要です。これらの商業施設の環境は、空調システムによって効果的に管理されています。 そのため、この市場では大きな需要が生まれています。また、汚染レベルの上昇により、多くの商業施設では空気清浄機能を備えた新しい空調システムの導入を余儀なくされています。このような商業空間では、空気の流れを維持することが非常に重要になっています。したがって、この要因も効果的に市場を牽引しています。この市場が直面している唯一の制約要因は、長期的にはこれらのシステムのメンテナンスと修理に関連する莫大なコストです。これらのシステムを稼働させ続けるためには、常にメンテナンスが必要です。市場における技術の進歩に伴い、新たな機会が生まれることが期待されています。

予測期間中、アジア太平洋地域が市場を支配すると予想されています。インドの商業インフラの需要は、近年、増加傾向にあります。インドの経済的な繁栄と、世界レベルでのビジネスの成功が、インフラの需要を押し上げています。さらに、医薬品分野も拡大しており、冷蔵空調システムへのニーズが高まっています。また、北米が最も速いペースで成長すると予想されています。この地域に業務用空調システムのメーカーが多く進出しています。また、この地域は商業インフラが発達しています。一方で、この地域は、市場における新技術の革新をリードしてきました。

主要な市場区分

世界の業務用空調システム市場は、タイプ別、エンドユーザー別などに区分されています。タイプ別では、シングルスプリットシステム、マルチスプリットシステム、VAV/CAVシステムなどのサブマーケットがあります。また、エンドユーザー別では、ヘルスケア、小売、物流、製造、官公庁、その他に区分されています。

市場の競合状況

世界の業務用空調システム市場における主要な企業としては、ハイアール、三菱電機、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー、ロバート・ボッシュ、キャリア・グローバル・コーポレーション、EDPACインターナショナル、レノックス・インターナショナル、ノルテック・グローバルHVAC LLC、日立製作所などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]