化学品物流市場、2021年から2027年の予測期間において5.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の化学品物流市場は、2021年から2027年の予測期間において、5.5%のCAGRで成長すると予測されています。

化学業界では、生産地と消費地がほぼ分離しているため、物流が重要な要素となっています。化学品の物流には、燃焼、汚染、腐敗などの安全上の問題を防ぐために、取り扱い、輸送、保管に特別な注意を必要とする無数の製品が含まれています。化学メーカーは、安全性とセキュリティの手順と記録が改善された物流業者との提携を希望するため、物流業者はすべての安全パラメータを継続的に監視することが不可欠となります。

市場の動向

工業用および商業用の化学製品の需要が増加するにつれ、輸送は重要な課題となります。生産と消費は世界中に広がっており、化学品物流は魅力的な産業となっています。さらに、化学業界における製品の安全性やセキュリティに対する意識の高まりや、世界的な工業化の急速な進展も、市場の成長を後押ししています。化学品物流では、責任あるケアが優先されます。すべての化学品ロジスティクスプロバイダーは、レスポンシブル・ケアの認証を受けなければなりません。レスポンシブル・ケアとは、生活水準や生活の質を向上させるために不可欠な産業において、信頼と信用を築くための倫理観であり、コミットメントでもあります。しかし、化学品の物流の複雑さや安全性への懸念が市場の成長を妨げています。さらに、持続可能な事業運営のために、化学業界では自動化および近代化されたグリーン倉庫への需要が高まっており、市場関係者に機会を提供することが予想されます。化学業界は、原油価格の下落とCOVID-19の発生により大きな打撃を受けています。大手化学メーカーは、この危機に直面して設備投資や運営費を削減しています。これらの企業の製造オペレーションは、労働力不足や原料供給の混乱により、40%〜60%の生産能力に縮小されています。化学業界は、需要の減少や価格の急落にもかかわらず、積極的に対応し、操業を継続することが期待されています。

主要な市場区分

世界の化学品物流市場は、輸送手段、サービス、最終用途産業などに基づいて区分されています。輸送手段別では、道路、鉄道、航空路、水路、パイプラインなどのサブマーケットがあります。また、サービス別では、輸送・流通、保管・倉庫、通関・セキュリティ、その他に区分されています。最終用途産業別では、化学業界、製薬業界、化粧品業界、石油・ガス業界などがあります。

地理的には、アジア太平洋地域が化学品物流市場の最大の市場であり、北米、欧州、その他の地域(RoW)がそれに続きます。アジア太平洋地域とその他の地域は、世界で最も急速に成長している化学品物流市場です。アジア太平洋地域の化学品物流市場の成長を促進する主な要因の一つは、化学品物流における複合輸送の利用が増加していることです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]