拡張現実市場、2021年から2027年の予測期間において41%のCAGRで成長見込み

市場の概要および動向

世界の拡張現実市場は、2021年から2027年の予測期間において、41%のCAGRで成長すると予測されています。

拡張現実(AR)技術は、マルチメディア、3Dモデリング、リアルタイムトラッキングと登録、インテリジェントインタラクション、センシングなどを利用して、仮想の情報を現実の世界と結びつけるものです。

ヘルスケア分野でのARデバイスおよびアプリケーションの需要の高まり、COVID-19による小売およびEコマース分野でのAR需要の拡大、AR市場への投資の増加、世界の自動車産業におけるARデバイスおよび技術の需要の増大などの要因が、世界の拡張現実市場を牽引しています。コンピュータビジョンやIoTと連携した拡張現実は、自動車業界における高度なナビゲーションソリューションやADASシステムの中核を向上させます。これにより、ドライバーの安全性が向上し、自動車のコネクティビティ・エコシステムの発展に寄与します。さらに、拡張現実技術は、エンターテインメント、教育、医療、エンジニアリング、製造など、幅広い分野での応用が期待されています。しかし、ARに伴うセキュリティやプライバシーの問題が市場の成長を妨げています。また、5G技術の継続的な開発が、予測期間中に市場を押し上げると予想されています。 コロナウイルスのパンデミックは、公衆衛生上、経済上、社会上の問題を引き起こしています。新しい技術として、バーチャルリアリティは、災害時の緊急管理のために多くの分野で使用されています。拡張現実の分野では、医療、教育、メディアなど様々な分野でその価値が認められてきました。

主要な市場区分

世界のAR(拡張現実)市場は、コンポーネント、ディスプレイ、アプリケーションなどに区分されています。コンポーネントでは、ハードウェアとソフトウェアが含まれます。ディスプレイでは、HMDとスマートグラス、HUD、ハンドヘルドデバイスなどが含まれます。アプリケーション別では、航空宇宙・防衛、自動車、教育、電子商取引・小売、ゲーム・エンタテインメント、ヘルスケア、産業・製造、その他があります。

地理的には、PCゲーム開発会社が多数存在する北米が、AR市場において最大のシェアを占めています。北米地域では、様々な用途で拡張現実技術の導入が急速に進んでいます。例えば、マルチプラットフォームのニュース・情報メディアであるUSA TODAY社は、モバイルアプリに拡張現実を導入しました。このアプリは、ユーザーに他に類を見ない拡張現実感を提供します。また、拡張現実市場では、アジア太平洋地域が最も成長している地域です。高度な技術の導入、スマートフォンやタブレット端末の膨大な需要、さまざまな分野での拡張現実の使用の増加などの要因が、アジア太平洋地域の拡張現実市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]