デジタルBSS市場、2027年に約95億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデジタルBSS市場は、2021年に37億米ドル規模に達しました。2021年から2027年の予測期間において、市場は14%のCAGRで成長し、2027年には約95億米ドル規模に到達すると予測されています。

急速なグローバル化により、企業の活動範囲は世界中に広がっています。世界市場での競争は、企業がその存在をグローバルに拡大しているため、ますます激化しています。世界中の企業は、生産性を向上させ、競争に打ち勝つために、新しいビジネスモデルに目を向けています。アウトソーシングは、生産性と効率性を高めるために複数の組織が採用しているビジネスモデルの一つです。ビジネスサポートシステム(BSS)は、企業がサポートプロセスをアウトソースするために広く利用されています。企業は、デジタルBSSを採用することで、ビジネスプロセスを合理化し、消費者の体験を向上させることができます。デジタルBSSソリューションは主に、組織内の財務、マーケティング、法務、オペレーションなどのデジタルビジネス機能を管理します。さらに、デジタルBSSは、組織が独自の、完全に統合された、全体的に同期されたビジネスプロセスと環境を構築するのに役立ちます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19のパンデミックは、多くの国とその経済に深刻な影響を与えました。このパンデミックは、それまでに発生したいくつかの経済的、戦略的、政治的な危機よりも深刻なものとなり、世界中の企業にとって最大の障害の一つとなりました。そのため、多くの企業は新たなビジネスモデルを採用しました。これには、組織のデジタル化や複数のビジネスプロセスのアウトソーシングが含まれます。また、セキュリティ、ビッグデータ、AI、IoTなどの新技術が開発され、パンデミックの影響を比較的受けずに済んだことから、デジタルソリューションやクラウドサービスの採用が増加傾向となっています。さらに、パンデミックにおいて消費者は、オンラインショッピング、オンラインバンキング、オンラインフードデリバリーなどのデジタルプラットフォームを利用するようになりました。企業はこの傾向に気づき、オンラインサービスの提供を開始しました。これにより、パンデミックの時期だけでなく、長期的にもデジタルBSSの市場成長が促進されました。さらに、政府の規制を遵守し、従業員を感染から守るために、多くの組織がリモートワーク制度を採用しました。このようなリモートワーク環境は、重要なビジネスデータを管理し、効率性を向上させるためのデジタルBSSソリューションへの需要を生み出しました。これにより、パンデミックの間、市場の成長が促進されました。

市場の動向

デジタルBSSの需要を大きく押し上げているのは、多国籍企業の数の増加です。これらの企業は、発展途上の地域に新しいオフィスを開設することで、グローバルなプレゼンスを拡大しています。これらの企業は、新市場での競争力を維持するためにデジタルBSSを採用しています。また、さまざまな業界でビジネス環境が急速に変化していることから、効果的なビジネスソリューションの必要性が高まっています。デジタルBSSソリューションは、刻々と変化するビジネス環境に対応するためのニーズを満たします。さらに、企業の技術革新の進展は、デジタルBSSのようなサポートシステムの需要をさらに高めています。しかし、デジタルBSSの導入にはコストがかかるため、小規模な企業では導入が困難な場合もあります。しかし、ビッグデータ、AI、IoTなどの革新的な技術の出現により、包括的なマネジメントソリューションの需要が高まっています。これが、デジタルBSS市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]