フレアガス回収システム市場、2021年~2027年までCAGR11.38%で成長予測

フレアガス回収システム市場は、2021年から2027年までCAGR11.38%で成長すると予測されています。

市場は2027年に約43億2,000万米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

フレアガス回収システム(FGRU)は、プラントの燃料や蒸気消費の削減、フレアチップの寿命延長、迅速な投資回収、プラント排出量の削減、フレアの連続運転時間の短縮など、エンドユーザーに多くのメリットを提供するものです。石油生産・精製プラントにおけるフレアガスの燃焼・排出を防ぐ効率的な方法と考えられています。フレアガス回収は、フレアの量を全体的に減らすことで、フレアの視認性を下げ、施設の社会的認知を向上させるといった無形の効果もあります。フレアガス回収は、騒音や熱放射、運転・保守コスト、大気汚染や排気ガス、燃料ガスや蒸気の消費量の削減に貢献します。フレアガス回収システムは、フレアガスを燃料に変換し、製油所で使用して、第三者に売却して利益を得たりすることができます。信頼性の高いメカニズムで使用可能なエネルギーを提供し、製油所の操業に必要な電力コストを削減することができます。

環境意識の高まりや規制、フレアガス回収製品から利益を得る可能性などの要因が、市場成長の推進要因になると考えられます。低開発国や新興国における技術意識の欠如や、これらの国々における政府の規制の欠如が、市場成長の妨げになると予想されます。フレアガス回収システムの採用に影響を与えるため、二酸化炭素排出に関する厳しい規則が政府によって課せられています。設置には、高いメンテナンスコストと設置コストがかかります。石油・ガス産業における予測期間中の発電用途のブームは需要を促進し、市場に有利な機会を作り出すと期待されています。

中東諸国は、ここ数年、フレアガス回収システムの有力な国として台頭してきています。彼らは、OPEC諸国が生産ハブの中心である主要な石油およびガス生産者です。この地域の石油・ガスセクターでは競争が激化しているため、企業は環境への悪影響を避けるために二酸化炭素排出量にも注目する必要があります。同地域は気温が高く、砂嵐が発生しやすく、特殊なフィッティングが必要であり輸入率が高いため価格も高く、今後も高い需要が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]