フードツーリズム市場、2027年に3千億米ドル規模到達見込み

市場の概要

フードツーリズム市場は、2020年には1千億米ドルを超える規模となりました。2021年から2027年の予測期間において、市場は14%のCAGRで成長し、2027年には3千億米ドル規模に達すると見込まれています。フードツーリズムとは、観光の目的地として食に焦点を合わせるものです。食は、観光客へのホスピタリティサービスの一環として常に存在していましたが、観光産業では重視されていませんでした。現在では、料理コース、料理教室、レストラン、農場での週末の過ごし方、料理本、フードガイド、新しいレシピや料理、さらには食材など、さまざまな形式や商品が含まれています。多くのフードツーリズムは、商業的な事業として新しい食品を食べたり味わったりすることに焦点を当てていますが、食に対する好奇心を、特定の料理の文化、生産や調理に携わる人々、それらの食品へのアクセスを可能にするフードシステム、そして持続可能性に対する観光客の潜在的な貢献など、食を通じて学ぶ教育的な取り組みでもあります。

市場の動向

フードツーリズム市場の成長は、日常の多忙なスケジュールから逃れ、貴重な体験をするために、ユニークでエキゾチックな旅行先を選ぶ人々が増えていることに起因しています。人々が旅行先を選ぶ際に考慮するのは、プライベートで静かで落ち着いたエキゾチックな場所であり、食文化が盛んな場所であることです。また、様々な種類の食べ物や飲み物があり、ユニークな味がする地域は、旅行者の間で最も人気があります。さらに、その土地の文化を学び、理解したいという人々の関心が高まっていることから、文化的・伝統的に魅力的な旅行先が、裕福な旅行者の間で人気を集めています。加えて、様々な形のソーシャルメディアに人々が触れる機会が増えたことで、観光産業を形成する様々なトレンドについての知識が高まっています。一方、政情不安やテロリズムは、外国人旅行者数や目的地の選択に影響を与えており、フードツーリズム市場の主要な制約要因となっています。一方、手頃な価格で宿泊施設を見つけやすくなったことで、低予算の旅行者がより頻繁に旅行するようになり、フードツーリズム市場の成長につながると予想されています。

地域別の市場予測

地域別では、アジア太平洋地域が世界のフードツーリズム市場で最大のシェアを占めると予想されています。これは、田舎を訪れたいという消費者の嗜好の高まりにより、フードツーリズムの売上が世界的に増加しているためです。また、中国、インドなどの発展途上国や日本などの先進国では、食品やホスピタリティ産業への投資が活発化していることから、アジア太平洋地域はフードツーリズム市場でも高い成長が見込まれています。しかし、欧州地域は、予測期間中、フードツーリズム市場において大幅なCAGRで成長することが見込まれています。ヨーロッパ地域のシェアが拡大しているのは、多くの伝統的な飲食店が存在し、宿泊施設が容易に利用できるためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]