セルロース系発泡性耐火塗料市場、2027年に7億1,630万米ドル規模到達見込み

市場の概要

セルロース系発泡性耐火塗料市場は、2020年には5億5,810万米ドル規模となりました。予測期間中、市場は3.8%のCAGRで成長し、2027年には7億1,630万米ドル規模に達すると予想されています。セルロース系発泡性耐火塗料は、火災の条件下で膨張するように設計されており、薄膜コーティングとして適用されます。これにより、一定期間、鉄材に断熱保護を提供します。このコーティングにより、鉄骨の耐荷重性を長期間維持することができ、建物の避難や緊急対応のための時間を確保することができます。

市場の動向

世界的な意識の高まり、規制の変化、安全対策の重視などが、セルロース系発泡性耐火塗料市場の成長を促進しています。数か国の政府や環境規制機関は、汚染の原因となる塗料やコーティング剤に厳しい規制を課しています。米国の環境保護庁(EPA)や労働安全衛生局(OSHA)は、揮発性有機化合物(VOC)や有害大気汚染物質(HAP)を人の健康や環境に有害であると認定しています。また、建築・建設業界で軽量素材が好まれるようになったことも、市場の需要を押し上げています。従来型の石油・ガス資源市場が成熟していることを理由に、エネルギー、シェールガス、タイトガス、炭層メタンの需要が増加していることが、市場の成長を促しています。しかし、経済の減速やCOVID-19による建設業界への影響がセルロース系発泡性耐火塗料市場の制約要因となっています。一方で、発展途上国での需要の高まりが、今後の市場成長を後押しすると予想されています。発展途上国におけるセルロース系耐火材の需要は、予測期間中に増加することが見込まれています。経済状態の回復と急速な都市化が発展途上国の市場を牽引しています。COVID-19パンデミックは、最近では世界の塗料・コーティング業界に混乱をもたらしています。患者数の継続的な増加と需要の減少により、主要な塗料・コーティングメーカーは不安を感じています。また、ロックダウンによって労働力の大部分が地元に強制的に集められたため、塗料業界は熟練労働者と未熟練労働者の膨大な不足に直面しています。他にもいくつかの要因が、この非常事態における労働力の移動に起因する大規模な市場成長の減速につながっています。

地域別の市場予測

地域別では、アジア太平洋地域が世界のセルロース系耐火塗料市場で最も高い収益を上げています。これは、アジア太平洋地域の新興経済圏で建設産業が活発化しているためです。中国やインドでは装飾用塗料の需要が急増しており、塗料に対する意識も高まっていることが、アジア太平洋地域の市場を牽引しています。さらに、アジア太平洋地域では、人口増加により建設産業が活発化しており、アジア太平洋地域の新興経済圏における建築・建設分野を補完しています。一方、北米はアジア太平洋地域の成長に追随し、近い将来、セルロース系発泡性耐火塗料市場で第2位になると予想されています。この地域では、健康意識の高まりと環境に優しい製品の利用が市場の成長を加速すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]