自動ピルディスペンサー市場、2027年に37億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界の自動ピルディスペンサー市場は、2021年から2027年の予測期間においてCAGR8.8%で成長し、2020年の20億米ドルから2027年には37億米ドル規模に拡大すると予測されています。

多くの薬局では、生産性の向上や顧客満足度を高めるために、先進的な技術を導入しています。自動ピルディスペンサーは、薬局が効率化のために採用している先進技術の一つです。自動ピルディスペンサーは、コンピュータ制御の医薬品配送システムで、医薬品の保管、調剤、包装、ラベリング、追跡を行います。また、この技術は、小売薬局、診療所、病院、ポイントオブケアなどで使用されています。さらに、自動ピルディスペンサーは、医薬品情報システムと統合され、サービスプロバイダーの業務を改善します。加えて、この技術は、財務業務の収集、管理、維持にも使用され、請求書作成のペーパーワークを削減します。さらに、自動ピルディスペンサーは短時間の処理を可能とするため、薬局スタッフと看護師スタッフの衝突を防ぎ、患者に対して快適さと医療サービスの品質向上をもたらします。

COVID-19が全世界規模で感染拡大したため、世界の医療分野では需要の増加に対応するために大きなプレッシャーがかかりました。パンデミックの影響を受けた各国の病院は、COVID-19の患者の流入に圧倒されていました。病院や薬局、在宅医療センターなどの医療機関は、COVID-19対策に多くのリソースを費やしました。多くの病院や薬局は、増大する患者の医療需要に対応するため、自動調剤ソリューションを採用しました。自動ピルディスペンサーは、患者に正確な量の薬を提供し、薬局が患者を管理するのに役立ちます。医師や薬剤師は、自動ピルディスペンサーを利用することで患者の医療データに容易にアクセスし、患者の薬の服用状況を把握することができます。このような自動ピルディスペンサーの利点は、パンデミック時に患者数が増加した際に重宝されました。 自動ピルディスペンサーには、使いやすさ、セキュリティ、安全な配薬、時間の短縮、コンピュータ制御による保管など、さまざまな利点があります。自動ピルディスペンサーのこれらの利点は、市場成長の主な要因となっています。また、自動化されたユーザーフレンドリーな薬局管理システムの需要が高まっていることも、自動ピルディスペンサー市場の成長を促進すると予想されています。多くの病院や医療機関では、全体的な効率や生産性を向上させるために、効果的な管理システムの導入に力を入れています。病院、薬局、老人ホームなどで自動化システムの導入が進んでいることは、自動ピルディスペンサー市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、自動ピルディスペンサーに起因するエラーの発生は、市場成長の制約要因になると予想されています。しかしながら、自動化システムの技術的進歩により、効率性の向上、医療在庫の削減、キャッシュフローの改善が実現し、自動ピルディスペンサー市場のプレーヤーに成長機会をもたらすと予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]