空港・港湾セキュリティ市場、2027年に1,374億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界の空港・港湾セキュリティ市場規模は、2021年に834億9,000万米ドル、予測期間中のCAGRは8.7%で成長し、2027年には1,374億4,000万米ドルに達すると予測されています。空港および港湾は、国際経済における旅行客の玄関口であると同時に、物品の輸出入取引のための玄関口です。また、これらの港では、監視システム、スクリーニング、スキャン、ネットワークアクセスなどのセキュリティシステムが導入されています。このようなセキュリティシステムの導入は、輸出入される物品だけでなく、旅行中の乗客の安全を確保するためにも重要です。このようなトラベルゲートウェイのインフラへの投資の増加は、セキュリティインフラの成長にも貢献しています。

空港・港湾セキュリティとは、乗客、商品、空港施設、輸送港などを、偶発的または悪意のある犯罪、その他の多くの脅威から保護するために利用される数々の技術やプロセスのことです。また、空港・港湾セキュリティの需要は、テロの増加を受けて各国政府が採用している規制や厳格なセキュリティ対策が主な背景となっています。さらに、旅行者数の増加に伴い、空港や港のセキュリティ対策を強化するための投資が増加していることも、今後数年間の市場成長を後押しすると予想されています。テロの脅威の増加、国境を越えた紛争の増加、国家間の地政学的緊張などを背景に、空港・港湾セキュリティは世界的に急速に普及しています。

地域別では、アジア太平洋地域が世界の空港・港湾セキュリティ市場で最大のシェアを占めると予想されています。また、空港・港湾セキュリティ市場には、今後大きな成長の可能性があります。アジア太平洋地域では、テロの脅威に対処すべく、セキュリティインフラを強化するために、空港・港湾セキュリティ技術に多額の投資を行っています。一方、ヨーロッパ地域の空港・港湾セキュリティ市場では、予測期間において力強い成長を示すと予想されています。これは、同地域における高度なセキュリティプロトコルや技術の急速な導入が、予測期間における同地域の成長を牽引すると予想されているためです。

主要な市場区分

世界の空港・港湾セキュリティ市場は、インフラ、技術、サービスなどのセグメントに区分されています。インフラをベースにしたサブマーケットには、空港、マリンポートが含まれます。技術面では、監視システム、物理的アクセスコントロールシステム、スクリーニングとスキャンシステム、境界侵入検知システム、ネットワークアクセスコントロールとセキュリティ、リアルタイムロケーションシステムなどのサブマーケットがあります。サービス別では、施設・資産管理、システムインテグレーション、トレーニング・コンサルティングなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]