遺伝子検査の世界市場5年間で48億6000万米ドル拡大 – CAGR12%で成長

【 商品情報 】
遺伝子検査の世界市場:2020年~2024年
Genetic Testing Market by Product, End-user, Application, and Geography – Forecast and Analysis 2020-2024
● 発行: TechNavio (Infiniti Research Ltd.) (テクナビオ)
● 出版日: 2019年11月14日
● ページ情報: 171 Pages

世界の遺伝子検査市場は今後数年間で急速な成長を遂げるでしょうか。 Technavioの発行したレポートによると、世界の遺伝子検査市場は2020年から2024年の間に12%のCAGRで成長し、48億6,000万米ドル拡大するとされています。Technavioによると、この急速な拡大は、高度な遺伝子検査製品の承認が増加することによってもたらされます。さらに、医薬品の有害事象を減らすためにファーマコジェネティク検査の導入が進めば、その成長はさらに後押しされるでしょう。

遺伝子検査の新たなトレンドが進行中であり、急速に成長しています。世界の遺伝子検査市場は細分化されており、さまざまな企業が少しずつ市場をシェアしています。 Technavioの遺伝子検査市場レポートによると、全ゲノムシーケンスの出現と、ヒトの健康管理における遺伝子スクリーニングの商業アプリケーションの成長を受けて、多くの企業が世界の遺伝子検査市場でさまざまな革新的な製品を提供し始めたということです。ファーマコゲノミクスやコンパニオン診断などの高度な技術を活用することで、こうした製品の安全性が確保されています。遺伝子検査における迅速かつ単純化された技術の展開には、所要時間の短縮、最適なリソースの使用、遺伝子診断の正確性など、いくつかの利点があります。したがって、高度な遺伝子検査製品の承認の増加は、今後数年間で遺伝子検査市場の成長にプラスに貢献する可能性があります。

Technavioによると、世界の遺伝子検査市場の2020年における対前年成長率は11.45%と推定されています。ベンダーは、グローバルな市場基盤を改善するために、合併や買収、スポンサーシップ、コラボレーション、パートナーシップなどの多様な成長戦略を策定しています。多くの製薬会社は、患者の遺伝子構成を含む個別化された医薬品開発に焦点を当てており、ファーマコジェネティク検査の使用を増やしています。

Technavioのレポートは、世界的な遺伝子検査市場の成長率と規模に影響するさまざまな要因の詳細な分析を行っています。地理的な市場セグメントから見ると、北米は世界の遺伝子検査市場の市場シェアの40%を占めており、予測期間を通じて最大の市場であり続けます。米国のベンダーは次世代シーケンシングなどの高度な製品に注力しているため、米国の同行は今後も注目を集めるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]