植物肉市場、2021年から2026年にかけて約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

植物肉(プラントベースミート)市場は、2020年に86億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約17%のCAGRで成長すると予想されています。

植物肉とは、色、食感、外観、風味などが肉製品に似ているヴィーガン向けの代替品を指します。一般的には、植物性タンパク質単離物、デンプン、野菜エキス、食用油、その他様々な調味料を混合して製造されます。これらの原料に添加物や着色料を加えて加工することで、動物の肉に似た風味や食感を得ることができます。植物性食肉製品は、肉の摂取量を減らすことで、心血管疾患のリスクを最小限に抑え、血中コレステロールを低下させ、カロリーを維持し、タンパク質の消費量を増やすことができます。さらに、この食肉製品は、食肉の大量消費を抑えることができるため、エコロジー的にも持続可能であると考えられています。そのため、植物性食肉製品は、レストラン、カフェ、ファーストフード店、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、その他のケータリングサービスなどで広く利用されています。

市場の成長要因

菜食主義が一般化し、動物福祉や動物保護に対する関心が高まっていることから、植物肉などの代替肉の需要が高まっています。さらに、肥満や糖尿病など、消費者の健康への関心が高まっていることも、低カロリー・高タンパクであることを理由に、製品の需要を高めています。さらに、ベジタリアンではない食事から植物性タンパク質を含む食品へと消費者が変化していることや、特に北米やヨーロッパでは、フレキシタリアンやベジタリアンの食事が増えていることも、市場の成長を促しています。インド、中国、ブラジル、トルコなどの新興国では、急速な都市化と消費者の生活水準の向上により、ヴィーガン食品などの高品質な食品に対する一人当たりの支出が増加しています。また、PETA(動物愛護団体)などの動物愛護団体が、食肉消費のための動物の過剰な殺傷を減らすための啓発プログラムを導入していることも、製品需要を後押ししています。さらに、消費者の嗜好の変化を受けて、いくつかのメーカーが、香りや食感が良く、保存期間が長く、栄養価の高いヴィーガン肉製品を発売しています。また、著名な食品会社は、製品ポートフォリオを拡大するために、ヴィーガンミートを製造する新興企業と戦略的提携を結び、製品のプレミアム化を図っています。さらに、中華料理、タイ料理、イタリア料理など、さまざまな料理でこれらの肉製品が採用されていることも、今後数年間の世界の植物肉市場の成長を後押しする要因となるでしょう。

主要な市場区分

世界の植物肉市場は、製品タイプ、ソース、肉の種類、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・バーガーパテ

・ソーセージ

・ナゲット・ストリップス

・ひき肉

・ミートボール

・その他

ソース別の市場構成

・大豆

・小麦

・豆類

・その他

肉の種類別の市場構成

・鶏肉

・牛肉

・豚肉

・その他

流通チャネル別の市場構成

・レストラン・ケータリング業界

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア・専門店

・オンラインストア

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

・その他

市場の競合状況

世界の植物肉市場における主要な企業としては、Amy’s Kitchen, Inc., Beyond Meat, Boca Foods Company (Kraft Foods, Inc.), Garden Protein International (Conagra Brands, Inc.), Impossible Foods, Inc., Maple Leaf Foods, MorningStar Farms (Kellogg Na Co.), Quorn Foods, The Vegetarian Butcher, Vbites Food Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]