ホワイトチョコレート市場、2026年に189億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ホワイトチョコレート市場は、2020年に178億2,000万米ドルの価値に達しました。今後、2026年には189億7,000万米ドルに達すると予想されています。

ホワイトチョコレートは、ココアバター、砂糖、乳製品、バニラ、そしてすべての材料をまとめるレシチンという脂肪分の多い乳化剤で作られています。中でもココアバターは、ホワイトチョコレートに使用される主要な材料であり、繊細な風味をもたらします。伝統的にホワイトチョコレートは、チョコレートに苦味や渋み、ベリー系の風味を与える固形チョコレートやチョコレートパウダーを含まないため、本来の意味での「チョコレート」ではありません。むしろ、ホワイトチョコレートの良し悪しはその色で決まります。ホワイトチョコレートには、ホワイト、ペールイエロー、アイボリーの3色がありますが、後者の方がココアバターの含有率が高く、優れているとされています。

ホワイトチョコレートは、その独特の風味と特性から、チップス、クッキー、ポップコーン、カップケーキなどのスナック菓子、ミルクセーキ、コーヒー、スムージーなどの飲料、ワックス、ネイルエナメル、オイルなどの化粧品など、さまざまな製品に使用されています。

主要な市場区分

世界のホワイトチョコレート市場は流通チャネル別に、スーパー・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、非食料品店、その他に分かれています。

地域別には、西欧、北米、東欧、アジア、中南米、中東・アフリカ、オーストラレーシアに分かれています。現在、ホワイトチョコレートの最大の地域は西欧で、市場シェアの大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]