小麦粉市場、2026年に1,940億米ドル規模到達見込み

市場の概要

小麦粉市場は、2020年に1,600億米ドルの価値に達しました。 将来的には、2026年には1,940億米ドルに達すると予測されています。

小麦粉は現在、世界中で使用されている最も人気のある食品素材の一つです。小麦粉には、コレステロール値の低下、代謝の向上、肥満の抑制、血糖値の調整などの健康効果があります。小麦粉は、生地に強度と弾力性を与え、焼いた製品の食感を良くするタンパク質であるグルテンを含んでいるため、広く使用されています。人口増加、可処分所得の増加、ベーカリー製品の消費量の増加、ライフスタイルの変化などの要因が、世界の小麦粉需要をさらに押し上げています。

小麦粉は、パン、麺類、パスタ、朝食用シリアルなどのベーカリー製品やファーストフード製品の主原料として使用されています。このような製品の需要の増加に伴い、世界全体で小麦粉の売上が増加しています。さらに、小麦粉は他の穀物を原料とした小麦粉に比べて安価であるため、あらゆる社会経済的グループの消費者が容易に入手することができます。また、メーカーは国民の栄養ニーズに応えるため、ビタミンA強化小麦粉を発売しました。この他にも、小麦粉はバイオプラスチック、接着剤、紙、シャンプー・リンスなどの生産にも使用されています。

主要な市場区分

世界の小麦粉市場は、タイプ別、最終用途別、流通チャネル別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・万能小麦粉

・セモリナ粉

・全粒粉

・小麦粉

・パン用小麦粉

・その他

これらの中では、万能小麦粉と全粒粉が最も人気のある小麦粉製品です。

最終用途別の市場構成

・食品用

・飼料用

・バイオ燃料

・その他

現在、小麦粉は主に食品業界で様々な製品の調理に使用されています。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケットとハイパーマーケット

・独立系小売店

・コンビニエンスストア

・専門店

・オンライン

・その他

これらの中で、スーパーマーケットやハイパーマーケットは、様々なブランドや製品を提供しているため、小麦粉を入手するための最も一般的なチャネルとなっています。

地域別の市場構成

・中国

・インド

・欧州連合

・トルコ

・米国

・その他

地域別では、中国が最大の小麦粉市場であり、市場シェアの大半を占めています。これは、中国の人口が多いため、小麦粉の消費量が増加していることに起因しています。次いで、インド、欧州連合、トルコ、米国の順となっています。

市場の競合状況

小麦粉市場は、組織化された部門と非組織化された部門の両方で事業を展開する多数の大小のメーカーによって断片化されています。小麦粉市場に参入している大手メーカーには以下のようなものがあります。

・ウーデリ製粉グループ

・アーデントミルズLLC

・アーチャーダニエルズミッドランドカンパニー

・ゼネラルミルズ

・Allied Pinnacle Pty Limited

・Manildra Milling Pvt Ltd

・Acarsan Flour

・コルフェス製粉所

・ジョージウェストンフーズリミテッド

・Hodgson Mill、Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]