澱粉配合生分解性ポリマー市場、2026年に766.4キロトン規模到達見込み

市場の概要

澱粉配合生分解性ポリマー市場は、2020年に432.1キロトンの規模に達しました。今後、2026年には766.4キロトンの市場規模に達すると予想されています。

澱粉配合生分解性ポリマーは、澱粉と合成ポリマーを組み合わせて形成されます。現在、澱粉ベースのポリマーは、生分解性ポリマーの第2のカテゴリーを占めています。これらのポリマーは、結晶性で加工が容易であり、澱粉含有量は10%から90%以上の範囲です。近年、澱粉をベースにした生分解性ポリマーが注目されています。澱粉は低価格で入手しやすく、環境に優しいという特徴があるため、石油化学製品を原料とするポリマーに代わる有力な選択肢となっています。

主要な市場区分

澱粉配合生分解性ポリマー市場は、最終用途別に分類されています。現在、袋・サックが最大の最終用途産業で、市場全体の大部分を占めています。次いで、ルーズフィル・パッケージと続きます。

また、主要地域別では、現在、西ヨーロッパが最大の市場であり、世界全体のシェアの大半を占めています。次いで、アジア太平洋地域と北米が続きます。

市場の競合状況

世界の澱粉配合生分解性ポリマー市場で活動する主要な企業としては、Novamont、Rodenberg、Wuhan Huali Environment Protection Sci. & Technology CO.Ltd、Livan、Plantic Technologies、BIOP、Biograde、Japan Corn Starch、Biotec、BASFが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]