種子処理市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

種子処理市場は、2020年に67億米ドルの規模に達しました。種子処理とは、穀物の品質向上や保護のために化学的または有機的な薬剤を塗布することです。種子処理のプロセスでは、病原菌やネズミによる作物へのダメージを防ぐ、環境に優しい農薬や殺菌剤が広く使用されています。これらの殺虫剤や殺菌剤は、作物や土壌の要求に応じて異なる濃度で使用されます。処理工程には、種子の天日干し、栄養豊富な水への浸漬、コーティング、プライミング、植物検疫処理、ペレット化、微生物接種など、さまざまな段階があります。

世界人口の急激な増加に伴い、食用穀物の需要も大幅に増加しており、より高い収量での生産が求められています。さらに、効果的な種子処理は、種子や土壌を媒介とする感染症を防ぎ、発芽時間を改善し、全体的な生産性を向上させます。さらに、効果的な種子処理は、種子や土壌を媒介とする感染症を防ぎ、発芽期間を短縮し、全体的な生産性を向上させます。さらに、バイオファーミング技術の広範な研究開発と、エネルギー効率が高く、環境に優しく、経済的な種子処理手段の生産が、市場の成長を促進しています。今後、世界の種子処理市場は予測期間(2021-2026年)中に力強い成長を見せると予想されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・化学的種子処理

・非化学的種子処理

応用技術別の市場構成

・種子コーティング

・種子ドレッシング

・種子ペレット化

・その他

作物の種類別の市場構成

・トウモロコシ/メイズ

・大豆

・小麦

・米

・綿

・その他

機能別の市場構成

・種子保護

・種子強化

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の種子処理市場における主要な企業としては、Bayer、Syngenta、BASF、DOW Agrosciences、Dupont、Nufarm、FMC、Arysta Lifescience、住友化学、UPL、Incotec、Germains、Advanced Biological Marketing Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]