タバコ市場、2026年に929万トン規模到達見込み

市場の概要

タバコ市場は、2020年に854万トンの規模に達しました。将来的には、2026年には929万トンに達すると予想されています。

タバコ製品は、ナス科のニコチアナ属の植物であるタバコの葉を硬化させて作られます。現在、70種以上のタバコが知られていますが、N. tabacumが主な商業作物となっています。タバコには無色の揮発性アルカロイドであるニコチンが含まれており、脳機能を刺激し、血圧を上昇させ、末梢血管を収縮させ、心拍数を上昇させる働きがあります。乾燥させたタバコの葉は、主にタバコ、葉巻、パイプ、シーシャなどの喫煙用として、また、噛みタバコ、スナッフ、スヌース、ディッピング・タバコとして使用されます。

市場の成長要因及び制約要因

タバコの需要は、最近、先進地域からアジアやアフリカなどの発展途上国へとシフトしています。これは、人口の増加、消費者の所得水準の向上、政府の寛大な規制などが原因と考えられます。

フレーバー付き、ロング&スキニー、カラー、電子タバコなど、数多くのプレミアムタバコ製品がメーカーから発売されていることも、タバコ市場の成長に好影響を与えています。

研究開発への投資が急増したことで、有害物質の含有量を減らした製品が登場しました。これにより、タバコ製品の消費者層が拡大しています。

一方で、教育水準の向上や、様々な種類の癌、心血管疾患、肺疾患など、タバコの消費に関連する健康問題への意識の高まりは、市場の成長を妨げています。また、先進国の厳しい規制も市場の成長を妨げています。

主要な市場区分

世界のタバコ市場は、タイプ別及び地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・シガレット

・ロール・ユア・オウン

・紙巻き

・シガリロ

・スモークレス・タバコ

・その他

現在、最も普及しているのは紙巻きタバコで、世界市場の大半を占めています。タバコの需要が高まっているのは、特に発展途上国における人口の急増と税制上の規制に起因しています。

地域別の市場区分

・中国

・インド

・ブラジル

・米国

・EU15

・その他

地域別に見ると、中国はタバコ葉の生産量が増加しているため、世界のタバコ市場でトップの地位を占めています。さらに、若い世代の間では喫煙が「クール」だと考えられているため、中国ではタバコの需要が絶え間なく続いています。その他の主な地域としては、インド、ブラジル、米国、EU15などが挙げられます。

市場の競合状況

タバコ市場は非常に集中しており、大手メーカー3社で全体の3分の2以上のシェアを占めています。既存メーカーの強力なブランドイメージと販売網により、新規参入企業が市場で生き残ることは困難です。この市場で活動している主要プレイヤーは以下の通りです。

・中国国家煙草総公司

・フィリップ・モリス・インターナショナル

・ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

・日本たばこ産業

・インペリアル・タバコ・グループ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]