TFT LCDパネル市場、2026年に1,967億米ドル規模到達見込み

市場の概要

TFT LCDパネル市場は、2020年に1,502億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には1,967億米ドルに達すると予測されています。

TFT(Thin Film Transistor)とは、アクティブマトリクス方式の液晶ディスプレイのことで、1画素に1個のトランジスタでディスプレイの輝度を制御することで、明るい場所でも見やすい画質を実現しています。現在、液晶ディスプレイの代表的な技術であり、世界のディスプレイ市場の大半を占めています。軽量・薄型・高精細・低消費電力という特徴を持つTFTは、ディスプレイを必要とするほとんどの産業で注目を集めています。TFTは、携帯電話、携帯ゲーム機、テレビ、ノートパソコン、デスクトップパソコンなどの電子機器のほか、自動車、ナビゲーション、医療機器、レーザーポインター、天文学、一眼レフカメラ、デジタルフォトフレームなどにも使用されています。

主要な市場区分

TFT LCDパネルの世界市場は、サイズ、技術、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

サイズ別の市場構成

サイズ別では、大型パネルが世界のTFT液晶ディスプレイ市場を席巻しています。大型パネルに続いて、中型および小型のTFT LCDパネルが続きます。

技術別の市場構成

技術別では、第8世代のTFT LCDが最も普及しています。

アプリケーション別の市場構成

アプリケーション別では、テレビが世界のTFT LCD市場で最大のシェアを占めています。次いで、携帯電話、モバイルPC、モニター、自動車と続きます。

地域別の市場区分

地域別では、北米が最大の市場であり、世界のTFT LCDパネル販売量の3分の1以上を占めています。次いで、アジア太平洋地域、欧州となっています。

市場の競合状況

世界のTFT LCDパネル市場で活動している主要な企業は以下の通りです。

・LG

・SAMSUNG

・INNOLUX

・AUO

・シャープ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]