真空オーブン市場、2026年に3,048億米ドル規模到達見込み

市場の概要

真空オーブン市場は、2020年に1,994億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年には3,048億米ドルに達すると予想されています。

真空オーブンは、実験室での研究、エンジニアリング、産業などに応用される非常に汎用性の高い機器です。真空オーブンでは、気密性の高い容器の中で熱処理が行われます。これにより、容器内を真空にすることができます。真空状態で熱処理を開始したり、精密に制御された環境を導入することができます。真空下での熱処理には、以下のような多くの利点があります。

・酸化や脱炭などの表面反応を防ぐことができる。

・酸化膜や潤滑剤の残留などの表面汚染物質を除去することができる。

・加工物の表面層に物質を添加することができる。

・金属に溶け込んだ汚染物質を脱ガスで除去できる。

真空オーブン市場の成長は、世界の多くの地域で合法化された大麻の使用と、それに伴う商業化に大きく依存しています。合法化された大麻栽培者にとって、真空オーブンは大麻抽出物であるBHO(ブタンハッシュオイル)の処理に役立ちます。真空オーブンを使用することで、生産者は精製されたオイルエキスを得ることができ、プロセス全体を実行する際の火災のリスクも軽減されます。また、医療分野でも、人体に有害な化学物質の除去に真空オーブンが使用されています。このプロセスは、人工心臓弁やペースメーカー、さらには関節などの組み込み医療機器には欠かせないものです。さらに、宇宙空間の高真空環境下でデバイスがどのように反応するかを把握するためにも使用されており、航空宇宙産業にとっても有効な装置となっています。

主要な市場区分

世界の真空オーブン市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・<200

・200-300

・>300

アプリケーション別の市場構成

・家庭用機器

・業務用家電

地域別の市場構成

・北アメリカ

・欧州

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の真空オーブン市場における主要な企業としては、Cole-Parmer、Memmert、MTI、Sheldon Manufacturing、Thermo Fisher、Accumax India、BINDER、Cascade TEK、ESPEC、Grieve、JEIO、SalvisLab Renggli、Shanghai Hasuc Instrument、Ted Pella、Yamato Scientificなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]