スマートウィンドウ市場、2021年から2026年にかけて18.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スマートウィンドウ市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。スマートウィンドウとは、光学的な力を変化させることができる、技術的に高度なウィンドウシステムです。これらの窓は、透明から半透明へと変化するスマートガラスを何層にも重ねて作られており、部屋に入る太陽光や熱の量をコントロールします。現在、スマートウィンドウの製造に使用されているガラスには、液晶、サスペンドパーティクル、マイクロブラインドなど、さまざまな種類があります。近年、これらのウィンドウは、電動ウィンドウシェードのような他のシステムと比較して、エネルギー管理のためのより効率的なオプションと考えられているため、非常に人気が高まっています。2021年から2026年にかけて、世界のスマートウィンドウ市場は18.8%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の動向

スマートウィンドウは、照明や空調の制御システムと組み合わされることで、居住者の熱的・視覚的な快適性を高めるとともに、大幅な省エネを実現します。さらに、スマートウィンドウとIoT(Internet of Things)の統合により、ユーザーの管理性や設定能力の向上にも貢献しています。これらは、世界市場の成長を促進する要因となっています。さらに、研究開発活動の活発化に伴い、メーカーはエレクトロクロミック技術を搭載したスマートウィンドウを開発しており、ビルの所有者や運営者がエネルギーを節約し、冷房、暖房、照明のコストを最小限に抑えるのに役立っています。同様に、ペロブスカイトを用いた製品も開発されています。ペロブスカイトは、高温になると暗色になり、太陽電池のように太陽エネルギーを利用することができます。しかし、従来のガラス窓からスマートウィンドウへの切り替えコストが比較的高いことが、市場成長の大きな妨げとなっています。

主要な市場区分

テクノロジー別の市場構成

・浮遊粒子デバイス 光変調器

・高分子分散型液晶デバイス スキャナー

・エレクトロクロミック

タイプ別の市場構成

・有機ELガラス

・セルフディミングウィンドウ

・セルフリペア

アプリケーション別の市場構成

・住宅

・商業用

・産業用

・交通機関

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスマートウィンドウ市場における主要な企業としては、Gentex Corporation、Glasnovations Ltd.、Heliotrope Technologies、Pleotint、Ravenbrick LLC、Research Frontiers Inc.、SAGE Electrochromics, Inc.、Scienstry、Stellaris、Vista Window Company、ChromoGenics、Diamond Glass、Control-Glas、Gesimat、日立化成、Polytronixなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]