スマートテレビ市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

スマートテレビ市場は、2020年に2,021億米ドルの規模に達しました。今後5年間、同市場は緩やかな成長を示すと予測されています。

スマートテレビ(コネクテッドTV)は、インターネット接続機能を備えており、さまざまなアプリケーションからのオンデマンドコンテンツ、ストリーミングサービスへのアクセス、他のワイヤレス機器との接続機能など、幅広い機能を提供しています。また、ケーブル、衛星、OTA(Over The Air)などの放送を受動的に受信することもできます。さらに、スマートテレビには、ハードウェアや接続方法、テレビ用のオペレーティングシステム、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)などが追加されています。これらの機能により、視聴者は接続された機器の機能にアクセスして制御したり、インターネットのビデオサービスからコンテンツをストリーミングしたりすることができます。

急速な都市化、所得水準の向上、高速インターネットの普及などにより、YouTube Premium、Netflix、Hulu、Vimeo、Amazon Prime Videoなどのオンラインビデオストリーミングチャンネルへの消費者の支出が増加しています。また、キーボードやマウス、スマートフォン、タブレットなどの入力機器とワイヤレスで接続し、文字入力やナビゲーション、インターネット閲覧などの操作性を向上させることができるため、スマートテレビの需要は世界中で高まっています。さらに、Xiaomi、Micromax、OnePlusなどの大手スマートフォンメーカーが、スマートテレビに大きな関心を寄せており、ソニーやサムスンなどの大手電機メーカーが数年にわたって独占してきたスマートテレビ市場への参入に注力しています。この他にも、4K解像度のテレビが採用され、業界の技術的進歩と相まって、今後数年間の市場成長を後押しすることが予想されます。

主要な市場区分

世界のスマートテレビ市場は、解像度タイプ、スクリーンサイズ、スクリーンタイプ、テクノロジー、プラットフォーム、流通チャネル、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

解像度タイプ別の市場構成

・4K UHDテレビ

・HDテレビ

・フルHDテレビ

・8Kテレビ

スクリーンサイズ別の市場構成

・32インチ以下

・32~45インチ

・46~55インチ

・56~65インチ

・65インチ以上

46~55インチのセグメントが明らかに市場を支配しています。

スクリーンタイプ別の市場構成

・薄型

・曲面

薄型テレビが最大のシェアを占めています。

テクノロジー別の市場構成

・液晶ディスプレイ(LCD)

・発光ダイオード(LED)

・有機発光ダイオード(OLED)

・量子ドット発光ダイオード(QLED)

このうち、LEDが市場の大半を占めています。

プラットフォーム別の市場構成

・Android

・Roku

・WebOS

・Tizen OS

・iOS

・MyHomeScreen

・その他

現時点では、Androidが最大のシェアを占めています。

流通チャネル別の市場構成

・オフライン

・オンライン

オフラインが最も一般的な販売チャネルとなっています。

アプリケーション別の市場構成

・住宅

・商業

住宅分野が世界シェアの大半を占めています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界のスマートテレビ市場における主要なプレーヤーの一部を紹介します。

・LG Electronics, Inc.

・Samsung Electronics Co. Ltd.

・ソニー株式会社

・松下電器産業株式会社

・Vizio Inc.

・Apple Inc.

・Hisense Group Co. Ltd.

・Koninklijke Philips NV

・TCL株式会社

・インシグニア・システムズ株式会社

・ハイアールグループ株式会社

・日立製作所

・ウェスチングハウス・エレクトリック社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]