スマートサーモスタット市場、2026年に68億米ドル到達見込み

市場の概要

スマートサーモスタット市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。スマートサーモスタットは、あるエリアの温度を感知して維持する制御システムの一部です。スマートサーモスタットは、インターネットを介して遠隔操作で部屋の暖房をオン・オフすることができる自動装置です。スマートサーモスタットは、リモコン、スマートフォン、コンピューターなどの様々なモバイル機器を使ってプログラムし、使用することができます。また、暖房の使用量を表示したり、ユーザーの日常生活を追跡または学習して活動を制御することもできます。

市場の成長要因

ここ数年、スマートホームシステムやテクノロジーを家庭に導入する動きが活発化しています。これは、世界のスマートサーモスタット市場の成長を促進する主な要因の一つです。さらに、Amazon EchoやGoogle Homeなどの様々なスマートホーム音声アシスタントの販売が急増しており、これが市場の成長をさらに促進しています。さらに、スマートサーモスタットは節電に役立つため、エネルギー効率の高いソリューションへの需要が高まっていることも販売に影響を与えています。これも、市場の成長にプラスの影響を与えている要因です。スマートサーモスタットの世界市場は、2026年に68億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分

製品に基づいて、スマートサーモスタット市場はスタンドアロン型スマートサーモスタット、接続型スマートサーモスタット、学習型スマートサーモスタットに分類されています。

コンポーネントに基づいて、市場は、ディスプレイ、温度センサー、湿度センサー、モーションセンサー、その他に分類されています。

技術に基づいて、市場は有線および無線スマートサーモスタットに分類されています。さらに、無線スマートサーモスタット市場は、WiFi、Zig Bee、その他に分類されています。

用途別では、住宅用、商業用、産業用に分類されています。

地域別では、世界のスマートサーモスタット市場は、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されます。これらの中で、北米はスマートサーモスタットの最大の市場です。

市場の競合状況

世界のスマートサーモスタット市場における主要な企業としては、Nest Labs, Inc.、Honeywell International Inc.、Ecobee, Inc.、Emerson Electric Co.、Schneider Electric SE、Tado GmbH、Control4 Corporation、Carrier Corporation、Nortek, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]