スマートロック市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

スマートロック市場は、2020年に18億米ドルの規模に達しました。スマートロックは、許可されたソースからのコマンドを受信してロックとアンロックの機能を実行する電気機械式のドアロックシステムです。これらのコマンドは通常、Wi-FiまたはBluetoothを使用して、スマートフォン、ウェアラブルデバイス、またはタブレットを介して送信されます。スマートロックは、どこにいても監視することができ、カスタマイズすることでユニバーサルアクセスを制限することができます。さらに、SMSやEメールによるアクセス通知や、ドアにいる人の姿を録画できるビデオカメラなどの監視機能も備えています。また、一定時間ドアを開けたままにしておくと自動的にロックされるオートロックオプションや、ユーザーのスマートフォンが指定された境界線の外に出た場合に自動的にドアをロックする境界線オートロックなどの機能も備えています。

高度なホームセキュリティソリューションの普及とスマートデバイスの利用の増加は、世界市場を牽引する主な要因の一つです。スマートシティの発展に伴うセキュリティ脅威事件の増加により、住宅・商業の両分野でスマートロックの必要性が高まっています。スマートロックは、高い耐久性と低い設置コストを備えており、ユーザーに大きな安心感を与えます。そのため、紛失や盗難に遭いやすい鍵付きのかさばるロックを含む従来のロックシステムに代わって、スマートロックが急速に普及しています。また、都市化や可処分所得の増加、IoT技術の急速な普及により、人々はスマートテクノロジーを利用した日常生活の支援を求めるようになっています。さらに、ユーザーが仮想デバイスを介して遠隔地からロックにアクセスできるクラウドベースのロック/アンロックなどの革新的な技術の導入も、市場の成長を促進すると予想されています。スマートロック市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

ロックタイプ別の市場構成

・デッドボルト

・レバーハンドル

・南京錠

・その他

通信プロトコル別の市場構成

・Bluetooth

・Wi-Fi

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・業務用

・住宅

・施設・政府機関

・産業用

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

スマートロック市場における主要な企業としては、Assa Abloy、Allegion Plc、Dorma+Kaba Holding AG、Spectrum Brands Holdings, Inc.、Salto Systems S.L.、Onity, Inc.、Cansec Systems Ltd.、Gantner Electronic GmbH、Master Lock Company LLC、MIWA Lock Co.、Samsung Electronics Co.Ltd.、Amadas Inc.、Sentrilock, LLC、Avent Security、Dessmannなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]