スマート照明市場、2021年から2026年にかけて19.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スマート照明市場は、2020年に108億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は19.4%のCAGRで成長すると予想されています。

スマート照明とは、省電力の照明器具と自動制御により、光資源を効率的に利用するための技術です。これにより、ユーザーは居住者や昼間の利用状況に応じて周囲の照明を調整することができます。スマート照明製品は、商業、工業、住宅の各分野で応用されており、通常、壁のキーパッドとタッチスクリーンパネルで構成されています。また、スマートフォンのアプリケーションからもアクセスできるため、簡単に照明をコントロールすることができます。さらに、スマート照明システムは、ユーザーが世界中のどこからでも照明器具の色や明るさを変更することができます。スマート照明は、スマートシティ開発に不可欠なツールです。なぜなら、世界の多くの公共照明は、水銀などを使用した高輝度電球を使用しており、環境に悪影響を及ぼしているからです。

世界のスマート照明市場の成長は、主に、より少ない消費電力でより良い照明を提供するエネルギー効率の高い照明システムの高い需要に牽引されています。さらに、インフラの近代化や開発といった要因が、都市のスマートシティ化を促進し、スマート照明市場の成長を支えています。都市部に住む人々は、エネルギー消費量の多い照明を購入する代わりに、モジュール式のインテリジェントな照明ソリューションに投資することを好みます。さらに、ワイヤレス技術やセンサー技術を搭載した照明システムの需要が高まっていることも、この市場の成長を後押ししています。また、低消費電力のセンサーを搭載した照明ネットワークをプールし、これまで高価だったLEDのコストを削減する計画が世界的に進んでいることも、市場の成長につながっています。さらに、価格が下がった結果、スマート照明製品は一般の人々にも手が届くようになりました。

主要な市場区分

世界のスマート照明市場は、提供物、通信技術、設置タイプ、光源、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

提供物別の市場構成

・ハードウェア

・ライト・照明器具

・照明制御

・ソフトウェア

・サービス

・デザイン&エンジニアリング

・施工

・ポストインストール

通信技術別の市場構成

・有線技術

・無線技術

設置タイプ別の市場構成

・新規導入 

・後付け設置

光源別の市場構成

・LEDランプ

・蛍光灯

・小型蛍光灯

・高輝度放電ランプ

・その他

アプリケーション別の市場構成

・業務用

・住宅

・公共インフラ

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスマート照明市場における主要な企業としては、Philips Lighting、Acuity Brands、Osram、Cree、General Electric Company、Eaton、Honeywell、Legrand、Hubbell Lighting、Zumtobel Group、Hafele Group、Lutron Electronics、Wipro Consumer Care and Lighting、Streetlight.Vision、Virtual Extension、Syska LEDなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]