薄膜電池市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

薄膜電池市場は、2020年には4億1,550万米ドルの規模に達しました。薄膜電池は、固体電極と固体電解質を使用した固体電池です。薄膜電池の厚さはわずか数百ナノメートルで、他の電池と比べて非常に特徴的です。薄膜電池は、従来の電池と同じように、正極と負極、その間にある電解質とセパレータを含んでいます。この電池に使用されている電極材料は層状になっているため、電池を作る際に層を追加する必要がありません。電極は、電池の全体的な性能を向上させ、さまざまな範囲で機能する能力を高めるため、薄膜電池はさまざまな用途に使用することができます。さらに、この電池には、省スペース、低コスト、高エネルギー密度、軽量などの多くの利点があります。また、薄膜電池は平面的な形状をしているため、新興技術との親和性が高いのも特徴です。

薄膜電池市場は、スマートフォンやタブレット端末などの電子機器の急速な普及を背景に、大きな成長を遂げています。消費者の技術志向の高まりを受けて、このような電子機器の需要が大きく伸びています。また、スマートウォッチやフィットネスバンドなどのデバイスの使用が着実に増加しているため、薄膜電池の消費がより適切になっています。加えて、薄膜電池は平らな形をしているため、小型・薄型の機器に組み込むのに適しており、市場での需要をさらに高めています。薄膜電池は、信頼性が高く、安価で、サイズも小さいため、日常的に使用するウェアラブル電子機器に簡単に組み込むことができます。薄膜電池はバッテリーのバックアップ能力が高く、その結果、低消費電力のデバイスに適しています。世界の薄膜電池市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

薄膜電池市場は、その技術に基づいて、薄膜リチウム、薄膜リチウムポリマー、亜鉛ベースの薄膜に分類されています。現在、薄膜リチウム電池が最大のセグメントとなっています。

電池のタイプ別に、市場は使い捨てと充電式に分けられます。充電式電池が現在最大のセグメントです。

電圧別では、1.5V未満、1.5V~3V、3V以上に分類されています。現在、1.5V以下の電池が最大の市場となっています。

アプリケーション別では、スマートカード・RFID、医療用アプリケーション、スマートウェアラブル、WSN、ポータブルエレクトロニクスに分類されています。現在は、スマートカード・RFIDが最大のアプリケーションとなっています。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、北米は最大の市場であり、世界市場の大半を占めています。

市場の競合状況

薄膜電池市場における主要な企業としては、Blue Spark Technologies、BrightVolt、Enfucell Oy、STMicroelectronics N.V.、Cymbet Corporation、Imprint Energy、Ilika PLC、LG Chem, Ltd、Paper Battery Company、Jenax Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]