ワイヤレス充電市場、2026年に250億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ワイヤレス充電市場は、2020年に101億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には市場規模が250億米ドルに達すると予想されています。

ワイヤレス充電とは、物理的に接続されたケーブルを使わずに、バッテリーを搭載した機器やデバイスを電気的に充電するプロセスを指します。これは、コイルを用いて2つの物体間に電流を流し、電磁場を誘導する誘導電力伝送または磁気共鳴の原理を利用したものです。家庭や職場で多くの電気機器を充電し、電力を供給するための安全で便利で信頼性の高い方法を提供します。

ワイヤレス充電は、取り扱いや移動が容易であること、電気ショックからの保護、柔軟性など、様々な利点があり、世界のワイヤレス充電市場の成長に貢献しています。さらに、モノのインターネット(IoT)の普及率の上昇は、IoTネットワークに電力を供給する便利な方法であることから、ワイヤレス充電の需要を押し上げています。さらに、自動車へのワイヤレス充電ソリューションの搭載や、ヘルスケア分野でのワイヤレス充電の利用が増加していることも、市場を牽引している要因のひとつです。

主要な市場区分

世界のワイヤレス充電市場は、テクノロジー、伝送距離、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場構成

・誘導充電

・レゾナント充電

・無線周波数ベースの充電

・その他

テクノロジー別では、誘導充電が最大のセグメントです。

伝送距離別の市場構成

・短距離

・中距離

・長距離

アプリケーション別の市場構成

・家庭用電化製品

・オートモーティブ

・ヘルスケア

・産業機器

・防衛

・その他

現在、家庭用電化製品が最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のワイヤレス充電市場における主要な企業としては、Convenient Power HK Limited、Energizer Holdings, Inc、Integrated Device Technology、Leggett & Platt Incorporated、Murata Manufacturing Co. Ltd.、Powermat Technologies Ltd.、Qualcomm Incorporated、Texas Instruments Incorporated、Witricity Corporation、Samsungなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]