プレッツェル市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

プレッツェル市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて、市場は約4%のCAGRで成長すると予想されます。

プレッツェルとは、ねじれた結び目の形をした、パリッとした脆い生地ベースの焼いたパンのことです。カリフラワー、キャッサバ粉、サトウキビ糖シロップ、イースト、塩、コーンスターチ、キャノーラ油から作られています。鉄分、葉酸、ナイアシンが豊富に含まれており、これらは脂肪、タンパク質、炭水化物の消化・代謝に重要な役割を果たし、コレステロール値を下げ、心血管疾患のリスクを低下させます。現在、プレッツェルは若い人たちにますます好まれるようになり、メーカーはプレッツェルスティック、サンドイッチ、ポッパー、ミニなど、さまざまな形やサイズの新製品を次々と発表しています。

近年、消費者の嗜好の急激な変化や多忙なライフスタイルに伴い、プレッツェルのような便利なスナックへの依存度が高まっています。また、食品業界の拡大に伴い、プレッツェルは多くの外食産業や小売店で販売されるようになってきています。さらに、大手メーカーは、バター、ハニーマスタード、バーベキュー、パルメザン、ガーリックなど、さまざまなフレーバーのプレッツェルを発売しています。また、調理の必要がない冷凍プレッツェルや冷凍プレッツェル生地も発売されています。さらに、健康志向の高まりを受けて、メーカーは、必須ビタミンやミネラルを配合した天然素材、コレステロール、トランス脂肪酸、グルテンを含まない製品の開発を始めました。さらに、メーカーは、内容物の鮮度を保ち、保存期間を延長するのに役立つ、リシーラブルな蓋を備えた革新的でユニークなパッケージング・ソリューションを採用しています。

主要な市場区分

コンテンツ別の市場構成

・塩味プレッツェル

・無塩プレッツェル

タイプ別の市場構成

・ハードタイプ

・ソフトタイプ

パッケージングタイプ別の市場構成

・バッグ

・ボックス

・容器

・その他

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門小売店

・オンライン小売店

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

プレッツェル市場における主要な企業としては、ジョンソン・アンティ・アンズ、ボルダー・ブランズ、コナグラ・フーズ、フリトー・レイ、ハー・フーズ、インタースナック、J & J スナック、マーズ、ミスター・プレッツェル、オールド・ダッチ・フーズ、フィリー・プレッツェル・ファクトリー、プレッツェルズ・インクなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]