Wi-Fiチップセット市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

Wi-Fiチップセット市場は、2020年に171億3,000万米ドルの規模に達しました。Wi-Fi技術は、無線送信機とチップセットを用いてモバイル機器に情報を送信し、ワイヤレスネットワークを構築する技術です。これらのチップセットは、Wi-Fiホットスポットにアクセスし、ユーザーが標準的なケーブルを必要とせずにネットワークサービスにアクセスできるようにします。チップの単価は通常低いため、これらのチップは主にルーター、コンピュータのラップトップ、携帯電話に使用されており、ローカルエリアネットワーク(LAN)内のコンピュータやワークステーションにも使用することができます。また、IoT(Internet of Things)の普及に伴い、エアコン、給湯器、洗濯機、テレビなどの家電製品にも搭載されています。

世界中でスマートフォンやモバイル機器が普及していることから、Wi-Fi技術の利用が急増しています。また、世界各国の政府は、教育や医療などの様々なサービス分野をサポートするために、公共のWi-Fiネットワークを備えたスマートシティの開発を進めています。これらの要因により、家庭やオフィス、公共の場でのWi-Fiの利用が拡大し、Wi-Fiチップセットの売上が増加しています。さらに、VOMBB(Voice over Mobile Broadband)は、高音質、低コスト、省電力であることから、従来の通信事業者よりも消費者に好まれており、これも世界的にWi-Fiサービスの需要を促進しています。世界のWi-Fiチップセット市場は、予測期間(2021年~2026年)において緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

製品別の市場構成

・スマートフォン

・タブレット

・PC

・アクセスポイント機器

・コネクテッドホーム機器

・その他

バンド別の市場構成

・シングルバンド

・デュアルバンド

・トライバンド

MIMO構成別の市場構成

・SU-MIMO

・MU-MIMO

地域別の市場構成

・北アメリカ

・欧州

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

Wi-Fiチップセット市場における主要な企業としては、クアルコム・テクノロジーズ、インテル・コーポレーション、テキサス・インスツルメンツ・インク、Stmicroelectronics、Mediatek、Samsung Electronics、Marvell Technology Group Ltd、Cypress Semiconductor Corporation、Quantenna Communications、Peraso Technologies、Atmel Corporation、Celeno Communications、Espressif、Broadcom-Qualcommなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]