ワイヤレスセンサー市場、2021年から2026年にかけて2桁台のCAGRで成長見込み

市場の概要

ワイヤレスセンサー市場は、2020年には66億米ドルの規模に達しました。ワイヤレスセンサーは、プロセス制御機器からの信号を無線伝送に変換できる送信機を備えた標準的な測定ツールです。元々は軍事用に開発されたものですが、現在では民間、産業、消費者市場など幅広い分野で使用されています。その用途は、不法侵入の防止、建物の強度監視、水質の評価、個人の心拍数の測定など多岐にわたります。

ワイヤレスセンサーは、高温、pH、圧力などの厳しい環境条件のためにアクセスが困難な場所でも使用されます。ワイヤレスセンサーを使用することで、オペレーターは過酷な環境下のプロセスを常に監視し、その情報を安全な距離にある監視施設のオペレーターに報告することができます。また、アクセスが困難な場所でのデータ取得にも便利です。無線信号は、受信機によって解釈され、さらにアナログ電流やコンピュータソフトウェアによるデータ分析など、特定の必要な出力に変換されます。

ここ数年、さまざまな技術が進歩し、ワイヤレスセンサーの性能が大幅に向上しています。これにより、食品・飲料、オートメーション、防衛などの多くのエンドユース産業で、これらのセンサーが使用されるようになりました。ワイヤレスセンサーは、森林火災の検出、水管理、洪水の検出など、さまざまな目的にも利用されています。また、温室効果ガスの排出量のモニタリングや、害虫・病気の検出にも有効です。さらに、ワイヤレスセンサーは、実用的な洞察をもたらす大量のデータを生成し、継続的なプロセス改善を促進します。

とはいえ、大規模な導入には障害がないわけではありません。費用対効果の高いユビキタスセンサーネットワークの開発は、技術の進歩のスピードと質、代替の電力供給方法、技術的な規制や規格の進歩に大きく左右されます。今後5年間、世界のワイヤレスセンサー市場は2桁台の成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

製品タイプ別に、ワイヤレスセンサー市場は温度センサー、圧力センサー、レベルセンサー、フローセンサー、湿度センサー、バイオセンサー、ガスセンサー、監視・セキュリティセンサー、モーション・ポジショニングセンサー、その他のセグメントに分けられています。

技術別では、Bluetooth、Wi-Fi・WLAN、Zigbee、WirelessHART、RFID、EnOcean、その他のセグメントに分けられています。

最終用途別では、産業用が最大のセグメントを占めています。その他の主なセグメントは、医療、エネルギー、防衛、農業、オフィス・住宅、その他です。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

ワイヤレスセンサー市場における主要な企業としては、ABB社、STMicroelectronics社、Texas Instruments社、Freescale Semiconductors社、Rockwell Automation社、Emerson Electric社、Honeywell International社、Schneider Electric SA社、Endress+Hauser SA社、横河電機株式会社、Siemens AG社、General Electric社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]