特殊紙市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

特殊紙市場は、2020年に3,580万トンの規模に達しました。特殊紙とは、特定の性質や特性を持った特別なグレードの紙のことです。紙幣の印刷、飲料の包装、水のろ過など、特定の用途に合わせて設計されています。例えば、特殊紙の一種である感熱紙には、熱を加えると鮮明で高精細な画像が得られるコーティングが施されています。このような特性を持つ特殊紙は、ヘルスケア、建築、包装・表示、小売、ランドリーケアなど、さまざまな業界で使用されています。今後5年間、世界の特殊紙市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

特殊紙は、保湿性、pH値、衛生性が高いため、食品・飲料、生活用品、化粧品などの分野の包装材料として適しています。また、可処分所得の増加に伴い、高品質な包装材への需要が高まり、市場の成長を後押ししています。また、忙しいライフスタイルの中で、特殊紙を使用したインスタントティーのプレミックス小袋の消費が増加しています。さらに、特殊紙は、壁やドア枠のマスキングに使用されるマスキングテープの製造にも使用されています。また、新興地域を中心とした建設業界の成長がマスキングテープの需要を喚起し、市場の成長を促しています。

主要な市場区分

特殊紙市場は製品タイプ別に、ラベル・剥離紙、印刷用紙、軟包装紙、ロール紙、装飾紙、紙幣・セキュリティ用紙、その他に分類されます。これらのうち、現在はラベル・剥離紙が世界市場の大半を占めています。

原料別には、パルプ、フィラーとバインダー、添加剤、コーティング剤、その他に分けられています。

用途別では、パッケージングとラベリングが市場を支配し、次いで印刷と筆記、工業用、建築・建設、フードサービス、その他となっています。

地域別では、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分かれています。

市場の競合状況

特殊紙市場における主要な企業としては、International Paper Company、Stora Enso、Nippon Paper Group, Inc、Mondi PLC、Sappi Ltd.、ITC Ltd.、Domtar Corporation、Glatfelter、Fedrigoni、Munksjo Groupなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]