特殊ジェネリック医薬品市場、2021年から2026年まで年率11.1%で成長見込み

市場の概要

特殊ジェネリック医薬品市場は、2020年に573億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて、年率11.1%で市場が成長すると予測されています。

特殊ジェネリック医薬品は、特許が切れた特殊医薬品のジェネリック版です。これらの薬剤は、がん、自己免疫疾患、てんかん、HIV、肝炎、多発性硬化症、関節リウマチなどの慢性的または複雑な健康状態の治療に使用されます。特殊ジェネリック医薬品は、ブランド・バージョンと比較して、高額な開発費やマーケティング費用を必要としないため、費用対効果に優れています。

従来のジェネリック医薬品と比較すると、特殊なジェネリック医薬品市場は、製造要件が複雑で資本コストが高く、患者数が少ないために販売量が相対的に少ないことから、プレイヤーの数が少なく集中しています。その結果、ブランド薬に比べて価格の低下が少なく、従来のジェネリック医薬品に比べてマージンが高くなります。特殊ジェネリック医薬品は、特別な取り扱い、管理、モニタリングを必要とし、一般的に注文には事前承認が必要です。世界の特殊ジェネリック医薬品市場は、高齢化社会の到来、多くのブランド特殊医薬品の特許切れ、がん、多発性硬化症、HIVなどの生命を脅かす疾患の増加、医療従事者によるコスト抑制策、新興市場の成長などの要因によって牽引されています。

主要な市場区分

世界の特殊ジェネリック医薬品市場は、地域、投与経路、効能、流通チャネルに基づいて分類されています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・欧州

・アジアパシフィック

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

投与経路別の市場構成

・注射剤

・経口剤

・その他

効能別の市場構成

・オンコロジー

・自己免疫疾患

・伝染病

・その他

流通チャネル別の市場構成

・小売薬局

・専門薬局

・病院薬剤師

市場の競合状況

世界の特殊ジェネリック医薬品市場は、数多くのメーカーで構成されています。その中には、テバ・ファーマシューティカルズ・インダストリーズ、エイコーン・インク、マイランN.V.、マリンクロット、サンド・インターナショナル・ゲーエムベーハー、ファイザー・インク、サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ・リミテッド、ヴァリアント・ファーマシューティカルズ、アポテックス・コーポレーション、エンド・インターナショナル・ピーエルシーなどの大手企業が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]