種子市場、2021年から2026年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

種子市場は、2020年に428億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は安定した成長を示すと予想されています。

種子は、保護膜に覆われた胚性の植物で、親植物の生殖単位として機能します。種子は多くの動物種に食料を提供し、農業プロセスの基本的な部分を形成しています。過去数十年の間に、技術の進歩とそれに伴う種子品種の増加により、農業における種子の重要性は急速に高まっています。

種子市場に影響を与えている大きなトレンドの一つに、世界的な農業慣行の大きな変化があります。最近では、前回の収穫時の種子を使用するのではなく、商業的に生産された強化種子品種を購入する農家が増えています。これは、高収量、栄養価の向上、作物被害の軽減、耐病性など、強化品種の種子が提供する様々な利点の結果です。さらに、世界人口の増加とそれに伴う食糧需要の増加、バイオ燃料生産の拡大も、世界的に強化種子品種の需要を刺激しています。今後5年間、世界の種子市場は安定した成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界の種子市場は、タイプ別、種子の種類別、形質別、入手方法別、種子処理別、地域別に分類されています。

タイプ別

・コンベンショナル

・遺伝子組み換え

種子の種類別

・オイルシード

・シリアル&グレイン

・果実・野菜

・バーピー&パーク

・その他の種子

形質別

・除草剤耐性

・殺虫剤耐性

・その他のスタックされた形質

入手方法別

・市販の種子

・保存されている種子

種子処理別

・処理されたもの

・未処理

地域別

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の種子市場における主要企業の一部をご紹介します。

・Bayer Crop Science AG

・コルテバ

・Syngenta AG

・BASF

・リマグレイン

・KWS SAAT SE

・サカタのタネ

・アグリリアント・ジェネティクス社

・DLF シード A/S 

・元隆平高科技農業有限公司

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]