シンチレーター市場、2021年から2026年にかけて4.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

シンチレーター市場は、2020年に4億7,650万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.7%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

シンチレーターとは、高エネルギーの光子や、陽子、電子、中性子などの入射粒子を吸収することができる材料を指します。一般的なシンチレーター材料には、無機および有機結晶、有機液体、希ガスおよびシンチレーターガスなどがあります。シンチレーターは、集められたエネルギーを可視または紫外域の光子に変換し、フォトマルチプライヤーやフォトダイオードによる検出を可能にします。また、シンチレーターは、入射した放射線のエネルギーと時間を効率的に決定するのにも役立ちます。他のタイプの放射線検出器と比較して、シンチレーターは入射エネルギーに対する感度が高く、応答速度が速く、構造や操作がシンプルで信頼性が高く、コスト効率も高いです。そのため、原子力発電所、医療用画像処理、製造業、高エネルギー粒子実験、国家安全保障などの分野で幅広く利用されています。

医療業界では、シンチレーターは心血管疾患や神経疾患の検出と分析に使用されています。これらの病気の増加に伴い、シンチレーターの需要は世界的に高まっています。さらに、世界各国の政府は、医療機器の使用に関する厳しい規制を実施しており、これが病院や医療機関に技術的に優れたシンチレーション検出器や放射線検出器の導入を促しています。さらに、これらの材料は、国土安全保障を強化し、人的損失を回避するために、世界中の警備・防衛機関で使用されています。例えば、米国の国土安全保障省(DHS)は、放射性物質の検出や放射線の脅威を防ぐために、探索研究プログラムや中小企業革新研究プログラムで固体有機シンチレーターの開発を支援しています。

主要な市場区分

世界のシンチレーター市場は、材料の組成、最終製品、用途、地域に基づいて分類されています。

材料の組成による市場構成

In-Organicシンチレーター

・アルカリハライド

・酸化物系シンチレーター

Organicシンチレーター

・単結晶

・液体シンチレーター

・プラスチックシンチレーター

最終製品別の市場構成

・パーソナル/ポケットサイズ機器

・ハンドヘルド型機器

・固定式、設置式、自動式の機器

用途別の市場構成

・ヘルスケア

・原子力発電所

・製造業

・国土安全保障・防衛

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況 世界のシンチレーター市場における主要な企業としては、Applied Scintillation Technologies Ltd.、Argus Imaging Bv Inc.、浜松ホトニクス株式会社、日立金属株式会社、Ludlum Measurements Inc.、Mirion Technologies Inc.、Radiation Monitoring Devices Inc.、Rexon Components and TLD Systems Inc.、Saint Gobain、Zecotek Photonics Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]