HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)は、白色またはわずかにオフホワイトの粉末で、特有の匂いや味はありません。ヒプロメロースとしても知られており、コットンリンターや木材パルプを水酸化ナトリウム溶液で処理して製造されるアルカリセルロースの合成変性物です。HPMCは冷水に溶け、可逆的なゲル化を示すため、建築から眼科まで幅広い分野で数多くの多様な用途があります。世界のHPMC市場は2020年に135.3キロトンの規模に達し、建設や医薬品分野での強い需要に牽引されています。今後5年間、世界のHPMC市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

最終用途産業別では、現在、HPMCの最大のエンドユーザーは建設業界であり、世界の総消費量の大半を占めています。HPMCは高い保水性を持ち、モルタルの作業時間を延長したり、モルタルが固まる際の機械的強度を高めたりする効果があるため、建設業界で使用されています。医薬品や化粧品業界では、ローション、軟膏、クリーム、ペーストなどの乳化剤、分散剤、増粘剤として使用されています。また、HPMCは錠剤の圧縮助剤やコーティング剤、動物由来のゼラチンの代わりにカプセルを作る際にも使用されます。食品業界では、冷凍食品、冷凍果実、ソース、ケチャップなど、さまざまな食品の乳化、安定化、懸濁化、増粘に使用されています。

地域別では、中国はHPMCの最大の消費国であり、世界全体の消費量の約4分の1を占めています。続いて、西欧、アジア(中国を除く)、米国、中・東欧、中東、南米となっています。

輸出入ベースでは、ベルギーがHPMCの世界最大の輸入国であり、米国、インド、トルコ、ロシア連邦がこれに続きます。一方、ドイツはHPMCの世界最大の輸出国です。

市場の競合状況

世界のHPMC市場における主要企業としては、Shin Etsu Tylose、Ashland、Dow Chemicals、Shandong Head Co.Ltd、Samsung Fine Chemicalなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]