溶接材料市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

溶接材料市場は、2020年に157億米ドルの規模に達しました。溶接材料とは、溶接のプロセスで使用されるフラックスとフィラーメタルを指します。溶加材は2つの金属を溶かして強固な接合部を作りますが、フラックスはこのプロセスで高温の金属の酸化を防ぐ役割を果たします。溶接材料の製造に使用される原材料には、ニッケル、銅、ルチル、イルメナイト、アルミニウムなどがあります。これらの原材料は、費用対効果の高い溶接を可能にし、空気中の汚染物質から溶融した溶接物を保護し、溶接プールに多孔質が発生するのを防ぐのに役立ちます。その結果、建設、自動車、エネルギー、造船、航空宇宙などの業界で幅広く使用されています。

市場の推進要因

自動車業界では、軽量で高品質な自動車部品の製造に溶接材料が使用されています。自動車の安全性が向上し、自動車のデザインが進化したことで、自動車の販売台数が増加し、それが溶接材料市場の成長を後押ししています。さらに、中国、インド、南アフリカなどの新興国では、開発・住宅プロジェクトの導入により、建設業界が活性化しています。また、工業化、都市化、外国直接投資(FDI)の増加、技術の進歩なども市場の成長を促している要因です。今後5年間、世界の溶接材料市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

・スティック電極

・ソリッドワイヤ

・フラックス・コアード・ワイヤ

・ソーワイヤー・フラックス

・その他

溶接技術別の市場構成

・アーク溶接

・オキシ燃料溶接

・抵抗溶接

・レーザービーム溶接

・その他

現在、アーク溶接は最も普及している溶接法であり、市場シェアの大半を占めています。

最終用途産業別の市場構成

・建設

・自動車

・エネルギー

・造船

・航空宇宙

・産業機器

・その他

現在、建設業が最大の最終用途産業業となっています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域で建設活動が活発化していることから、市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界の溶接材料市場における主要な企業としては、Voestalpine AG、Colfax Corporation、The Lincoln Electric Company、Air Liquide、Hyundai Welding Co., Ltd.、Obara Corporation、Panasonic Corporation、Illinois Tool Works Inc.、Denyo Co., Ltd.、Fronius International GmbH、Tianjin Bridge Welding Materials Co., Ltd.、Kemppi Oy、Arcon Welding Equipmentなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]