軍艦・海軍艦艇市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

軍艦・海軍艦艇市場は、2020年には578億米ドルの規模に達しました。軍艦および海軍艦艇は、戦争に参加するために作られたもので、一国の海軍に属しています。軍艦は、商船よりもはるかに速く、安全で、機動性に優れており、国の海軍力の重要な構成要素となっています。貨物を運ぶ商船とは異なり、軍艦は武器、弾薬、乗組員に必要な物資のみを搭載するように設計されています。軍艦や海軍艦艇は海軍に属していますが、個人や協同組合、企業なども運用しています。

軍艦・海軍艦艇市場を牽引している最大の要因の一つは、世界的な防衛費の継続的な増加です。地域紛争の増加を背景に、世界の防衛費は近年継続的に増加しています。2018年には、世界の防衛費は約1兆8,000億米ドルに達しました。この成長は、中国、インド、サウジアラビアなどのアジア太平洋地域や中東地域の国々による防衛予算の増加が主な要因となっています。現在、各国は現在の海軍艦艇のアップグレードや拡張に多額の費用を投じています。海軍艦艇は、敵軍に対する攻撃作戦に参加するだけでなく、人道支援や災害救援活動にも関与しています。世界の軍艦・海軍艦艇市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

海軍艦艇の種類に基づいて、市場は軍艦、潜水艦、空母に分類されています。現在、軍艦が最大の市場となっています。

用途別では、救助、防衛、その他に分類されています。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

軍艦・海軍艦艇市場における主要な企業としては、Babcock International Group、General Dynamics、川崎重工業、Lockheed Martin、三菱重工業、CSIC、DSME、Fincantieri、Garden Reach Shipbuilders & Engineers、Hyundai Heavy Industries、Navantia、Reliance Naval and Engineering Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]