鉄道車両市場、2026年に632億米ドル規模到達見込み

市場の概要

鉄道車両市場は、2020年に372億米ドルの規模に達しました。2026年には632億米ドルに達すると予想されています。

鉄道車両とは、鉄道線路上を走行するすべての車輪付き車両を指し、動力付きおよび非動力付きの客車、客車、貨車などが含まれます。鉄道車両は、通勤・通学者にとって最も費用対効果の高い交通手段の一つであり、重量物やかさばる貨物の長距離輸送にも適していると考えられています。また、エンドユーザーの要望に応じて簡単にカスタマイズすることができ、他の輸送手段と比較して大きな輸送能力を備えています。そのため、石油・ガス、自動車、鉱業などのさまざまな産業で、複数の製品、工業化学品、ガソリン、ディーゼルなどの輸送にタンクローリーが使用されています。

市場の成長要因

世界的な都市人口の増加と鉱業活動の活発化により、高速トラムやローカル線、高速メトロ列車の需要が高まっており、これが世界の鉄道車両市場を牽引する重要な要因となっています。公共交通機関は、道路上の混雑を緩和し、時間を節約し、快適で経済的な交通手段であることから、人々はますます公共交通機関を選ぶようになっています。さらに、ビッグデータやアナリティクスの革新により、産業用のOEM(相手先商標製品)メーカーやサプライヤーは、業務を合理化し、デジタルソリューション、リアルタイムモニタリング、予知保全ソリューションを鉄道車両ユーザーに提供することができるようになりました。さらに、磁気浮上式列車(Maglev Trains)、通信、信号、エンジニアリングへのIoTの適用、乗客の乗車体験の向上などの技術的進歩も、世界の鉄道車両市場の成長を促しています。

主要な市場区分

世界の鉄道車両市場は、製品タイプ、ロコモーティブテクノロジー、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ディーゼル機関車

・電気機関車

・その他

ロコモーティブテクノロジー別の市場構成

・コンベンショナルロコモーティブ

・ターボチャージ機関車

・リニアモーターカー

アプリケーション別の市場構成

・客車

・貨車

地域別の市場構成

・欧州

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]