ロボット工学市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

ロボット工学市場は、2020年に236億米ドルの規模に達しました。ロボット工学は、人工知能(AI)の学際的な分野であり、ロボットの構想、操作、設計、製造を研究しています。電気工学、機械工学、コンピュータサイエンスのさまざまな分野が関係しています。ロボットとは、多機能で自動化された再プログラム可能な産業機械のことで、視覚、触覚、音声センサーなどのさまざまなハイテク機器を組み込むことができます。ロボットは、いくつかのタスクを、スピード、知能、精度を持って自動的に実行するように設計されています。ロボットの基本的な構成要素は、ボディまたはフレーム、制御システム、マニピュレータ、ドライブトレインです。ロボット工学分野の研究開発により、医療、航空宇宙、防衛、自動車など、さまざまな産業分野でタスクを実行できる汎用性の高いロボットが開発されています。この技術の登場により、世界中の生産者やサービスプロバイダーは、利便性、生産量の増加、ヒューマンエラーの減少、品質の向上、プロセスの自動化を実現しています。

ここ数年、市場関係者は高品質で革新的なロボット技術を産業分野に導入しており、倉庫管理、製造、組み立てなどの用途に使用されています。このような革新的技術には、水中ロボット、人間とロボットのインタラクション、脚式モビリティ、機械学習(ML)、自動運転車などがあります。これに加えて、ロボットが社内のデータシステムとより密接に連携するようになったことで、サイバーセキュリティ上の脅威が大幅に増加しています。このため、世界中の組織や企業が研究開発(R&D)活動に多額の投資を行い、現在の脆弱性に対処するとともに、安全、安心、信頼できる生産を確保しています。さらに、AIやロボット技術は、外科手術用ロボットの必要性の高まりや、実験室や薬局の自動化の成長を受けて、ヘルスケア分野で主に使用されています。また、起こりうるエラーを回避するために、協働ロボットの需要が高まっています。これらのロボットは人間と一緒に動作することができ、産業用ロボットに比べてかなり安価です。以上のような要因から、世界のロボット工学市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

・産業用

・サービス

現在、最も普及しているのはサービスロボットです。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・その他

地域別では、北米がロボット工学の最大の市場であり、市場全体の大部分を占めています。これは、自動化への投資の増加、新技術の急速な導入、工業生産や製造業の需要の高まりに起因しています。

市場の競合状況

世界のロボット工学市場で活動している主要な企業には、ABBグループ、KUKA AG、FANUC Corporation、Yaskawa Electric Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]