ロボット掃除機市場、2021年から2026年にかけて18.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ロボット掃除機市場は、2020年に46億5,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は18.4%のCAGRで成長すると見込まれています。

ロボット掃除機は、インテリジェントなソフトウェアプログラムを搭載した自律型ロボットであり、人間の介入を最小限またはゼロに抑えながら、通常の掃除機の機能を果たします。ロボット掃除機はコンパクトなサイズなので、ベッドやキャビネット、テーブルの下のスペースにも簡単にアクセスして掃除することができます。また、ロボットではないものに比べて騒音が少なく、他の物にぶつかったり、階段から落ちたりしないようにセンサーが取り付けられています。人手をかけずに短時間かつ低コストで作業を完了できるため、窓やプール、芝生、床の掃除など、商業施設や住宅の分野でますます普及しています。

働く女性の増加、家庭の所得水準の向上、それに伴う購買力の上昇などの社会経済的要因の変化は、ロボット掃除機の売上にプラスの影響を与えていますが、コストが高いため、まだ一般的には受け入れられていません。さらに、清潔・衛生志向の高まりや、多忙による家事時間の減少などにより、ロボット掃除機の需要が高まっています。また、消費者がスマートで革新的な家電製品を好むようになったことも、市場成長の要因となっています。例えば、ロボット掃除機の中には、技術的に非常に高度なものもあり、360°カメラやナビゲーション用の追加センサーが装備されているものもあります。

主要な市場区分

世界のロボット掃除機市場は、タイプ別、充電タイプ別、販売チャネル別、アプリケーション別、エンドユーザー別、地域に分類されています。

タイプ別の市場構成

・ロボット式床掃除機

・ロボットプールバキュームクリーナー

充電タイプ別の市場構成

・手動充電

・自動充電

販売チャネル別の市場構成

・機関投資家/直販

・店頭販売

アプリケーションの市場構成

・掃除機のみ

・掃除機とモップの併用

エンドユーザー別の市場構成

・住宅

・商業施設

・ホスピタリティ

・オフィス

・ヘルスケア

・小売

・その他

地域別の市場構成

・欧州

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のロボット掃除機市場における主要なプレイヤーとしては、iRobot Corporation、ECOVACS ROBOTICS、Neato Robotics、Dyson Ltd.、Samsung Electronics Co. Ltd., Maytronics Ltd., Metapo, Inc., Koninklijke Philips N.V., LG Electronics Inc., Panasonic Corporation, Miele & Cie. KG、Hayward Industries, Inc.、Haier Electronics Group Co Ltd、シャープ株式会社、ILIFE Robotics Technology、Vorwerk & Co. KG、Taurus Group、Groupe Seb Deutschland Gmbh、Pentair plc、bObsweep Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]